アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。

アフターピルの購入方法は?アフターピルは性行為の後に飲むと避妊できるの?そんな緊急避妊薬の疑問についてお答えしています。

アフターピルとは

アフターピルとは アフターピルは、妊娠を望まない女性が、避妊を失敗してしまったり、性行為を強要されたりなどしてしまった時に性行為後72時間以内に服用すれば、かなりの確率で妊娠を防ぐことができるお薬です。
性行為の翌朝に服用するケースが多い為、モーニングアフターピルとも呼ばれています。
保険は適用されないため、自費診療となります。
アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ

アフターピルの購入方法と値段

アフターピルの購入方法と値段 アフターピルが必要になった場合、気になるのはその購入方法やその値段です。
・ドラッグストアで普通に売っているの?
・もしかして病院や婦人科にへ行かないと購入できない?
・誰にも知られないで購入する事はできるの?
・値段はどれくらい?もしかしてすごく高いの?
などなど・・・アフターピルが必要になる状況から疑問に思う事は山のようにあります。

アフターピルの購入方法は大きく分けると2つの方法があります。

1、アフターピルを病院で処方してもらう方法
2、アフターピルを通販で購入する方法。

病院での購入と値段

病院での処方と値段 病院で処方してもらい購入するには、もちろん病院や婦人科へ行き医師の診察を受ける必要があります。アフターピルが日本で承認されたのはごく最近のことで、まだ認知度などは高くはなく病院での費用は保険適用外となっている為すべて自己負担となります。
病院での処方の場合の値段は、自由診療の為値段設定を各病院でできるので値段の差が大きいのですが、1回の処方で10000円~20000円が大体の相場です。病院によってはこれ以上の値段を提示される場合もあります。病院でアフターピルを処方してもらう場合は、初めにどれくらいの値段なのか確認してからのほうが良いでしょう。

通販での購入と値段

通販での購入と値段 病院で処方してもらう以外の購入方法はアフターピルを通販で購入する方法があります。病院で処方してもらうしか方法がないとあきらめていた人でも通販で購入できるのを知っていれば、初めからアフターピルを用意し、緊急時などに備えることができます。通販でアフターピルを購入している人のほとんどが、何かあった時のためにあらかじめ用意しておき自分自身の体を守るようにしているのです。アフターピルの通販での値段ですが、大体1000円~2000円ほどで購入できるので病院での値段に比べると5分の1から10分の1の値段で購入する事が出来ます。

アフターピルの購入方法は状況に応じて使い分けると大変便利です。あらかじめ自分の体を守る為に通販で購入しておけば緊急時でも慌てる必要はありません。もし手元にアフターピルがなくて避妊に失敗してしまったら値段的には気になるかもしれませんが、病院へ行きましょう。

アフターピルの通販

アフターピルのお得な購入方法 アフターピルは、処方箋薬のため日本国内で購入するには病院で処方してもらうしか方法はありません。
しかし、アフターピルを使う状況を考えてみると中々病院へは行きづらく、さらに保険が適用されないためにすべて自己負担となってしまいます。病院で処方してもらう場合1錠単価が1万円以上のところが多く、診察代なども含めると合計で2万円以上は見込まなければいけません。アフターピルを必要としてる世代は比較的若く、1錠の薬で2万円と考えると躊躇してしまうのが現状です。

そこでオススメなのが、アフターピルの通販です。

通販サイト(個人輸入代行サイト)を利用することで、病院へ行かず、PC・スマホで簡単に、しかも値段も安くお得に手に入れることが可能です。
アフターピルが日本で処方箋薬であっても、海外の医薬品であれば個人輸入という形で海外から購入することができるのです。さらに海外では日本では販売されていないジェネリック医薬品も販売されている為、非常に安価に購入することができます。
高額だから、面倒だからとそのまま放置し、希望しない妊娠をしてしまった場合、最悪の手段として中絶が最終手段になります。もちろん病院へ行き診断の上で処方してもらうのが一番な方法ですが、病院へ行きづらいというだけで妊娠してない可能性にすべてを賭けてしまうのはあまりにも無謀な行為となります。

通販で購入する場合の注意点

通販で購入する場合の注意点 アフターピルを服用する際一番重要なのは服用の時間です。まず72時間以内に服用しなければアフターピルの効果を得ることができません。
さらに早く服用すればするほど避妊の確率は上がるため、アフターピルによる避妊は時間との勝負です。
しかし、通販で購入する場合は海外から発送されるため、時間がかかってしまい確実にタイムオーバーです。

通販サイトで購入する場合、1錠1,000円前後で販売されているので、お守り代わりとしてあらかじめ購入しておきましょう。
お守り代わりに1錠持ち歩いていれば、慌てる心配もなく余裕を持って対処することができます。

また、海外旅行に行く際などは必ず持っていくようにしましょう。
年頃の女性で妊娠を求めていないのであれば自分を守る一つの方法としてあらかじめ通販でアフターピルを購入しておくと安心です。アフターピルをどんな人が使っているのかなどが気になったらアフターピルの口コミを参照にしてみてください。

アフターピルをどのサイトで購入するべきか

アフターピルをどのサイトで購入すべきか

アフターピルは体の中に入れるものですし、まして避妊できるかできないかなどこれからの人生に大きく関わる重要なお薬となっています。そんなアフターピルを通販する際にどのサイトで購入すべきかもかなり重要ですよね。

実は個人輸入の代行サイトの中に偽物を販売しているサイトもあるそうなのです。特に需要の高いED治療薬(バイアグラ)などの偽物が大きく出回っており社会問題となっています。

アフターピルの偽物は耳にしたことはありませんが、やはり安心できるサイトで購入したほうが良いですよね。体に摂取するものですし、効果のないものにお金を払うなんて意味のない事はしたくありません。

そこで安心して確実にアフターピルを購入できるサイトを利用する為にまず、そのサイトが正規品販売と記載してあるかどうかを確認しましょう。正規品販売、保障100%などと明記してあれば安心です。さらに重要なのが電話連絡が取れるかどうかです。何かしらトラブルがあった時にメールではいつ返信が来るかわからないですし、そもそも返信さえる来るのかもわからないですよね。電話であればすぐ連絡が取れるためなにか質問があった時にでもすぐに返事を聞くことができます。

そして支払方法もクレジット決済があるサイトが安心できそうです。クレジットも提携会社が信用できない会社では扱うことができない為、銀行振り込みのみのサイトなどはすこし心配になります。

法律に基づいたサイト

そして一番重要なのが法律に基づいたサイト運営をしているかどうかです。これは一見法律に詳しくなければわからない事ばかりですが、薬事法と言う法律のもと個人輸入代サイトは運営をしなければいけません。一度に購入できる薬の数の限度が決まっている、女性の薬は女性にしか売れない、男性の薬は男性にしか売れないなどが医薬品の個人輸入に関しての法律がありその通りに運営しているなども重要です。

アフターピルの購入は病院が一番安心ですが、何かしらの事情により通販での購入に限られてくる場合もあります。特に値段面では10分の1の価格ですので、あらかじめ購入しておきたい時に通販はとても便利です。そして通販で購入するのであればやはり安心できるサイトでの購入が一番ですよね。

アフターピルおすすめの通販サイト

性行為に積極的な方なら、1回分は自宅やバックの中に御守りとして常備しておきたい物です。
病院処方のアフターピルは、1万~2万円前後してしまうため、通販購入がお勧めです。
薬通販大手のお薬なびでは、ノルレボジェネリックのアイピルが業界最安値810円で販売されており、そして何もよりも安心できるサイト運営をしています。
海外製品であるため、偽物や届かないなど不安もあると思いますが、お薬なびは間違いなし!!
年間20万人が利用するサイトで、成分鑑定済みの商品のみを厳選して扱い、日本人目線の梱包やカスタマーサービスが行き届いており、国内通販と代わりないレベルです。
アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ
効果・副作用・服用方法も丁寧に説明されていますので、ご確認下さい!

アフターピルの種類

アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠の2種類があります。
以前まではプラノバール錠が一般的でしたが、現在はノルレボ錠を利用するのが主流です。

プラノバール錠

プラノバール錠 別名でヤッペ法とも呼ばれます。
プラノバール錠は中用量ピルで少し前までは一般的な緊急避妊薬でした。しかし、含有するホルモン量が多いため、吐き気などの副作用が多く出るため、現在ではノルレボ錠を利用するのが一般的となっています。

ノルレボ錠

ノルレボ錠 ノルレボ錠は構成労働省が緊急避妊専用として認可したアフターピルです。
世界的にも広く利用されており、プラノバール錠と比較するとホルモンの用量が少なく、副作用も比較的少ない特徴があります。

アイピル

ノルレボ錠のジェネリック医薬品で人気が高いのがアイピルです。インドの製薬会社が販売しており通販で購入することができます。ノルレボ錠を日本国内で購入すると1錠1万円以上~となり保険が適用されない為10割負担となってしまいます。しかしアイピルは1錠で1000円前後で通販で購入することができるのでとても財布にやさしい値段となっています。

10分1程度の値段で購入することができ、さらには病院に行かなくても手に入れることができるので周りにばれずにアフターピルを手に入れることができます。ここまでメリット性の高いものは逆に怪しいと不安に思うかもしれませんが、もちろんノルレボ錠と同じ主成分の為効能や効果も同じく性行為後72時間以内に服用することで避妊効果が得られます。逆に日本でノルレボ錠が高価すぎるという事も考えられるのです。自由診療の為値段設定を医師の方でできるので値段の差も出てきてしまうのです。

アフターピルとリスク

アフターピルとリスク

アフターピルを飲むにあたってやはりリスクはつきものです。

時間によるリスク

まずアフターピルの避妊率は100%ではありません。低用量ピルは毎日正確に服用することでほぼ100%に近い数字で避妊することができますが、アフターピルはそうではありません。

アフターピルは時間との勝負ですので時間がたてばたつほど妊娠してしまうかもしれないというリスクが上がってしまうのです。このリスクを下げるためにも避妊に失敗してからなるべく早くアフターピルを服用する必要があるのです。12時間以内に服用することができれば約90%の確率で避妊することができます。

体へのリスク

アフターピルを使用する際に気になるのが体へのリスクです。もしアフターピルを飲んで体がおかしくなってしまったら? もしアフターピルを飲んで今後妊娠できなくなってしまったらどうしよう?

このように妊娠は避けたいけど、リスクが大きいければもちろん服用に関してためらいが出てきます。

アフターピルは通常の低用量ピルに比べれば体への負担は大きく、副作用が出やすくなっています。頭痛や、吐き気、腹痛など体に異変を感じる人も多くなっています。

しかし妊娠ができなくなる体になることはありません。元々不妊症気味でなければ変わらず妊娠することは可能になります。そして体がおかしくなるというリスクですが薬が抜ければ通常通りの体へと戻ります。急激なホルモンバランスの変化で副作用は出やすいですが、体へのリスクはそこまで重いものではありません。

しかし毎回の避妊薬ではなく、もしもの時の避妊薬という事は覚えておきましょう。

アフターピルの通販のあり方

アフターピルの通販のあり方

アフターピルは通販で購入することができますが、はっきり言うと好ましいものではありません。無知なまま男性がむやみに女性にアフターピルを飲ませようとするという事が考えられるからです。基本的にはアフターピルを通販で購入する=海外から個人輸入するという事になるので、女性用のお薬は女性しか購入する事はできませんので、アフターピルを男性は実は通販することはできないのです。もちろん婦人科や、レディースクリニックで男性にアフターピルを処方するという事もありません。

アフターピルを進めてくる男性

しかし実際に男性がアフターピルを女性に進めてくるという事は起きており、アフターピルを毎回の避妊方法としている男性もいるのです。

もちろん避妊にも気を付けていたけど、失敗してしまったからもしもの時のために持っておいたというくらいならまだ許容範囲にはなるのですが、当たり前かのようにアフターピルを避妊方法として捉えるのは大きな間違いなのです。

実はアメリカに「アフターピル」(2011)と言う題名の映画があるのですが、彼女の留守中に男性が一夜限りの浮気をしてしまい、避妊をするのを忘れたのでその彼女にアフターピルを飲ませるというなんとも言えない設定の映画があるのです。

このあらすじだけ見ると主人公の男性が相当クズのように見えますがストーリー上でもきっちりとしたクズ男性だったのです。アフターピルを飲むのをその浮気相手が嫌がったのですが、それを色々乗り越えて飲ませるというなんとも言えない話です。さらに1錠飲んだ後12時間後にまた1錠飲ませなければいけないため奮闘する話なのですが、アメリカではアフターピルは当たり前のように使われており、男性でも手に入れることができるという事ですよね。

アフターピルは慎重に扱うべき

しかしアフターピルは薬の作用によって人工的に女性の子宮内膜をはがして生理を起こさせているので、女性の体に大きな負担をかけてしまいます。

アフターピルは通販などで手軽に買えるけど、やはり慎重に扱わなければいけない薬となっているのです。

日本では高すぎて購入することができない、病院でしか処方してくれないのもアフターピルの問題の一つとなっており、通販で購入するという方法は今の日本ではなくてはならない方法となっているのです

アフターピル購入のまとめ

アフターピルの通販まとめ

アフターピルは避妊に失敗した性行為後72時間以内に服用できれば避妊することができる緊急避妊薬です。アフターピルや、モーニングアフターピルなどの名称で知られています。アフターピルは女性が心身ともに悲しい思いや、つらい思いをしない為に必要なお薬なのですが、日本ではあまりその存在を多くの人は知りません。日本で承認されたのはごく最近のことで、他の先進国に比べるとその存在についてまだまだ完全に認知されているとは到底言えないのです。

アフターピルは病院で処方してもらうしか方法はありませんが、海外で一般的に販売されているアフターピルであれば日本にいながらでも通販(個人輸入)することができるのです。日本の病院でノルレボ錠を処方してもらった場合およその相場は1錠1万円以上です。そして診察代や説明料などすべて込みで2万円近くの費用となってしまいます。

アフターピルは強い味方

もちろん中絶の費用に比べたらかなり安く女性への体への負担も比べ物にならないくらい軽いのですが、アフターピルを必要としている女性の中には学生などもいてやはり中々手を出しにくい値段となっていしまっているのです。この値段であるからこそ避妊への意識を高める必要もあり、そして簡単に使う事はできないという意味ももちろんあるとは思います。しかし通販で購入した場合、同じノルレボを含んだアイピルなどは1錠1000円程で購入することができるので女性の強い味方となっています。

アフターピルはあくまでも緊急用

もちろん手頃に購入できるから頻繁に使うのではなく、あくまでも緊急用のため普段は他の避妊方法を行いましょう。そしてアフターピルの通販で一番重要なのが注文してから手元に届くまでの期間です。海外からの発送ですので、最低でも1週間はかかってしまいます。そのため今欲しいという場合には通販は残念ながら向いていないと言えるでしょう。その場合は医師に処方してもらう必要があります。そうならない為にも女性が自分自身の体を守る為に、あらかじめ購入しておき何かあった時のためにポーチなどに忍ばせておくと心強いお守りとなるでしょう。

アフターピルの存在を広めよう

アフターピルは海外では一般的ですが日本ではまだまだ知名度が高いものではありません。これからもっと多くの女性にアフターピルの存在を知る必要があるのです。

それは使用する予定がない人や男性でもアフターピルに対しての偏見などがないために、男性が生理用ナプキンについて理解していない人が多い日本でその存在や内容を知ることが重要となるのです。

アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ