アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。

緊急避妊薬アフターピルは、避妊に失敗してから72時間以内の服用で高確率で妊娠を防ぐ薬。効果・副作用・通販での購入方法などを説明します。

アフターピルとは

アフターピルとは アフターピルは、妊娠を望まない女性が、避妊を失敗してしまったり、性行為を強要されたりなどしてしまった時に性行為後72時間以内に服用すれば、かなりの確率で妊娠を防ぐことができるお薬です。
性行為の翌朝に服用するケースが多い為、モーニングアフターピルとも呼ばれています。
保険は適用されないため、自費診療となります。

アフターピルの効果と副作用

アフターピルの服用することで得られる効果と、その際に発生する副作用、服用に際しての注意点をご説明します。

アフターピルの効果

アフターピルのメカニズム 服用すると、受精卵の着床を防ぎ、避妊することができます。
多量の女性ホルモン剤を摂取し、強制的に体を妊娠しない状態にします。
12時間以内に服用すれば、80%という高い確率で避妊できるというデータがあります。
時間が経てば経つほど確率が下がる為、少しでも早く服用することが重要です。
服用してから、3日~21日で生理程度の出血があれば、その前日までの性行為による妊娠の可能性は全てなくなります。
この出血を消退出血とよびます。
アフターピルで、ホルモン調節をして子宮内膜を剥がす為、出血がおきます。
個人差はあるのですが、ほとんどの方は3~4日です。
この期間に、消退出血がなければ、妊娠している可能性がある為、妊娠検査薬などで必ず確認をして下さい。

アフターピルの副作用

個人差はありますが、副作用は不正性出血、悪心、下痢、吐き気、腹痛、頭痛、だるさなどがあります。
これらの副作用は一時的なものである為、ほとんどの場合、数時間から半日で緩和されます。
長引いたり酷すぎる場合には、医師に相談して下さい。

アフターピルの失敗例と服用禁止

服用した後、2時間以内に下痢や嘔吐をしてしまうと、薬も体外に排出されている確率が高い為、改めて飲む必要があります。
吐き気が収まってから、もう再度服用して下さい。
また、ホルモン剤でアレルギー反応がおきた人、肝臓に重篤な障害のある人、妊娠中の人などは利用できない人もいるので、事前に医師に確認をして下さい。
他のお薬やサプリメントなどとも併用できない場合がりますので、その場合も医師に確認が必要です。
勿論、心配だからと言って、大量に摂取することは厳禁です。
一時的にホルモンバランスを乱すことになる為、体にはかなり負担をかけてしまいます。
あくまで緊急用のお薬ですが、女性なら避妊に失敗してしまった場合や万が一強要された場合などのために常備しておきたいお薬です。

避妊成功の判断

避妊成功の判断 あくまで緊急用のものでるため、常用や乱用は控えるようにしましょう。
さらに注意したいのは、着床前の受精卵にしか効果がないということです。
つまり、それ以前の性交渉によって既に着床している受精卵があった場合、当然ながら避妊は回避できません。
アフターピルを使用する際には、事前に市販の妊娠検査薬などで妊娠していないか確認してから使用するようにしましょう。
服用すると、だいたい3日後には生理が起こります。
生理が来れば避妊できたということです。
服用したにも関わらず、3週間たっても生理が来ない場合は妊娠している可能性が高いので、その場合は必ず受診するようにしましょう。

アフターピルの種類

アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠の2種類があります。
以前まではプラノバール錠が一般的でしたが、現在はノルレボ錠を利用するのが主流です。

プラノバール錠

プラノバール錠 別名でヤッペ法とも呼ばれます。
プラノバール錠は中用量ピルで少し前までは一般的な緊急避妊薬でした。しかし、含有するホルモン量が多いため、吐き気などの副作用が多く出るため、現在ではノルレボ錠を利用するのが一般的となっています。

ノルレボ錠

ノルレボ錠 ノルレボ錠は構成労働省が緊急避妊専用として認可したアフターピルです。
世界的にも広く利用されており、プラノバール錠と比較するとホルモンの用量が少なく、副作用も比較的少ない特徴があります。
ノルレボ錠にはジェネリック医薬品もあり、アイピルというジェネリック医薬品が最も有名です。

ピルの種類

ピルの種類

アフターピルは性行為の後に使用して妊娠を阻止する効果のあるピルですが、低用量ピルは毎日使用することで避妊効果を得ることができます。毎日確実に使用することで避妊確立も100%近いものとなりほぼ妊娠することはありません。
ピルは大きく分けると低用量、中容量、高用量と3つの種類に分かれており、女性ホルモンの量によって種類が分れています。

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルは避妊用として現在扱われているもっともメジャーなピルです。海外ではOral Contraceptivesを略してOCとして一般的に知れ渡っています。一昔前までは中容量ピルが主流でしたが副作用の問題から、避妊効果を得ることができるぎりぎりのラインまで成分量を減らし、女性の体への負担を減らすことが可能となりました。ピル=副作用があるというイメージを覆すことができ非常に効果も高く、安全性もある事からイギリスなどでは年頃の女性の7割は低用量ピルを使用しているそうです。避妊効果以外にも生理痛や生理前のなどの悩みを解決する事も出来、女性特有の疾患やニキビ、肌荒れ予防にもつながります。

トリキュラー

トリキュラーは低用量ピルの中でも人気が高く世界中で使用されています。ドイツの製薬会社が製造、販売しており毎日使用することでほぼ妊娠することはありません。3段階にホルモン量が分けられており服用の順番を守る必要があります。妊娠阻止率は99.99・・・とかぎりなく妊娠不可能な数字で逆に妊娠するほうが難しいくらいです。

マーベロン

マーベロンはMSD株式会社が製造、販売しています。毎日使用することで避妊効果以外にも様々なメリットを得ることができます。21錠タイプと28錠タイプがあり、ブラセボを含むか含まないか選択することができます。ホルモン量は常に一定でブラセボ以外どれを服用しても大丈夫です。

ダイアン35

ダイアン35はドイツの製薬会社社がインド向けに開発、販売しています。これは小柄なアジア人向けに開発された低用量ピルで日本人の方でも使用している人が多くなっています。避妊効果もさることながらニキビ改善薬として一般的に知られています。21錠タイプしか開発されていませんので、飲み忘れなどには気を付けましょう。

アフターピルの購入方法と値段

アフターピルの購入方法と値段 アフターピルが必要になった場合、気になるのはその購入方法やその値段です。
・ドラッグストアで普通に売っているの?
・もしかして病院や婦人科にへ行かないと購入できない?
・誰にも知られないで購入する事はできるの?
・値段はどれくらい?もしかしてすごく高いの?
などなど・・・アフターピルが必要になる状況から疑問に思う事は山のようにあります。

アフターピルの購入方法は大きく分けると2つの方法があります。

1、アフターピルを病院で処方してもらう方法
2、アフターピルを通販で購入する方法。

病院での処方と値段

病院での処方と値段 病院で処方してもらうには、もちろん病院や婦人科へ行き医師の診察を受ける必要があります。アフターピルが日本で承認されたのはごく最近のことで、まだ認知度などは高くはなく病院での費用は保険適用外となっている為すべて自己負担となります。
病院での処方の場合の値段は、自由診療の為値段設定を各病院でできるので値段の差が大きいのですが、1回の処方で10000円~20000円が大体の相場です。病院によってはこれ以上の値段を提示される場合もあります。病院でアフターピルを処方してもらう場合は、初めにどれくらいの値段なのか確認してからのほうが良いでしょう。

通販での購入と値段

通販での購入と値段 病院で処方してもらう以外の購入方法はアフターピルを通販で購入する方法があります。病院で処方してもらうしか方法がないとあきらめていた人でも通販で購入できるのを知っていれば、初めからアフターピルを用意し、緊急時などに備えることができます。通販でアフターピルを購入している人のほとんどが、何かあった時のためにあらかじめ用意しておき自分自身の体を守るようにしているのです。アフターピルの通販での値段ですが、大体1000円~2000円ほどで購入できるので病院での値段に比べると5分の1から10分の1の値段で購入する事が出来ます。

アフターピルの購入方法は状況に応じて使い分けると大変便利です。あらかじめ自分の体を守る為に通販で購入しておけば緊急時でも慌てる必要はありません。もし手元にアフターピルがなくて避妊に失敗してしまったら値段的には気になるかもしれませんが、病院へ行きましょう。

アフターピルの通販

アフターピルのお得な購入方法 アフターピルは、処方箋薬のため日本国内で購入するには病院で処方してもらうしか方法はありません。
しかし、アフターピルを使う状況を考えてみると中々病院へは行きづらく、さらに保険が適用されないためにすべて自己負担となってしまいます。病院で処方してもらう場合1錠単価が1万円以上のところが多く、診察代なども含めると合計で2万円以上は見込まなければいけません。アフターピルを必要としてる世代は比較的若く、1錠の薬で2万円と考えると躊躇してしまうのが現状です。

そこでオススメなのが、アフターピルの通販です。

通販サイト(個人輸入代行サイト)を利用することで、病院へ行かず、PC・スマホで簡単に、しかも値段も安くお得に手に入れることが可能です。
アフターピルが日本で処方箋薬であっても、海外の医薬品であれば個人輸入という形で海外から購入することができるのです。さらに海外では日本では販売されていないジェネリック医薬品も販売されている為、非常に安価に購入することができます。
高額だから、面倒だからとそのまま放置し、希望しない妊娠をしてしまった場合、最悪の手段として中絶が最終手段になります。もちろん病院へ行き診断の上で処方してもらうのが一番な方法ですが、病院へ行きづらいというだけで妊娠してない可能性にすべてを賭けてしまうのはあまりにも無謀な行為となります。

通販で購入する場合の注意点

通販で購入する場合の注意点 アフターピルを服用する際一番重要なのは服用の時間です。まず72時間以内に服用しなければ効果を得ることができません。
さらに早く服用すればするほど避妊の確率は上がるため、アフターピルによる避妊は時間との勝負です。
しかし、通販で購入する場合は海外から発送されるため、時間がかかってしまい確実にタイムオーバーです。

通販サイトで購入する場合、1錠1,000円前後で販売されているので、お守り代わりとしてあらかじめ購入しておきましょう。
お守り代わりに1錠持ち歩いていれば、慌てる心配もなく余裕を持って対処することができます。

また、海外旅行に行く際などは必ず持っていくようにしましょう。
年頃の女性で妊娠を求めていないのであれば自分を守る一つの方法としてあらかじめ通販でアフターピルを購入しておくと安心です。

おすすめの通販サイト

性行為に積極的な方なら、1回分は自宅やバックの中に御守りとして常備しておきたい物です。
病院処方のアフターピルは、安価でも3000円前後してしまうため、通販購入がお勧めです。
薬通販大手のお薬なびでは、ノルレボジェネリックのアイピルが業界最安値810円で販売されており、国内市場と比較した場合2200円安(70%OFF)です。
海外製品であるため、偽物や届かないなど不安もあると思いますが、お薬なびは間違いなし!!
年間20万人が利用するサイトで、成分鑑定済みの商品のみを厳選して扱い、日本人目線の梱包やカスタマーサービスが行き届いており、国内通販と代わりないレベルです。
アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ
効果・副作用・服用方法も丁寧に説明されていますので、ご確認下さい!

緊急避妊薬の意味

緊急避妊薬の意味 アフターピルは別名「緊急避妊薬」とも言われています。これは緊急時に使用する事からその呼び名がついたのですが、緊急時とはどのような時なのでしょうか?
例えばコンドームは着用していたのに、射精後抜いたらゴムが破れていた、ゴムに穴が開いていた、ゴムが男性のペニスから抜けてしまったなどがあげられます。特に危険日などは妊娠の確率が非常に高いので、性行為後72時間以内に服用してください。
他にも男性が避妊してくれなかった、同意の元の性行為ではなかったなど、女性に対して男性が何かしら無理やし行為をしてしまった可能性もあります。男性自身は射精するだけですが、女性は体内に精子を侵入させてしまって体が妊娠の準備へと進んでしまう事もあるのです。この場合精神的にも、肉体的にも被害を被るのは女性だけなのです。
悲しい事に性犯罪は現代社会にもはびこっており、これから先もなくなるものではありません。思わぬことで巻き込まれてしまう事もあるので、もしもの時のために緊急避妊薬を覚えておきましょう。中にはお付き合いしてる人が避妊してくれないという、無責任な男性もたくさんいます。自分の体を守るには自分しかいないことを理解しておきましょう。

毎回の避妊方法ではありません

毎回の避妊方法ではありません 避妊に失敗してしまった時にアフターピルを使用するのですが、毎回の避妊方法として使用してよいものではありません。
ピルにはいくつか種類があり、一般的なピルとしては低用量ピルが扱われています。ホルモン量が低用量ですが、毎日服用することで100%近い数字の避妊率を誇っています。さらに低用量にすることで副作用なども限りなく少なくすることができ安全性も高いのです。
しかし、緊急避妊薬は、低用量ピルに比べてホルモン量を多くしたもので頻繁に服用するのには適していません。強制的に生理を引き起こすので、毎回女性の体のホルモンバランスを乱していれば、女性の体への負担は計り知れないものとなります。副作用も低用量に比べて多いと考えられていますので、緊急避妊薬の緊急の意味を理解しておきましょう。