アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。

アイピルは通販の購入で人気のアフターピルです。その購入方法や効果、副作用、使用方法や飲み方などもご紹介します。

アイピルの通販

アイピル アイピル(Ipill)は海外通販で大変人気なアフターピルです。その人気の理由ですが、アイピルは日本のあすか製薬から販売されているノルレボのジェネリックにあたるのですが、国内では、アフターピルを購入する時病院で診断を受け処方箋をもらってから初めて薬局などで購入することができます。そしてノルレボ錠は保険適用外なので、診察代もお薬代もすべて自己負担となります。さらに自由診療の為値段にばらつきがあり、相場としては1万円~となっています。
しかしアイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品の為、価格として1錠1000円前後で販売されており、病院へ行かず購入することができるので、通販で人気となっているのです。
アイピルはインドのシプラ社という大手製薬会社が開発販売しているのですが、日本で販売されているノルレボと同じ成分レボノルゲストレルを主成分としているので効果や効能は同等となっています。やはり通販を利用して海外の医薬品を購入するのに抵抗がある方は多いのではないでしょうか?
しかし、インドでもその薬の有効性が認められなければ販売することはもちろんできないのです。実際に国境なき医師団などは安い値段で購入でき、効果も認められているインドのジェネリック医薬品をメインとして扱っているのです。
アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ

アイピルはノルレボのジェネリック

アイピルはノルレボのジェネリック

アイピルはアフターピルであるノルレボ錠のジェネリックですが、ジェネリックって何?と疑問のお思いの方もいるかもしれません。ジェネリックとは後発薬とも呼ばれており、1から開発された薬のことを新薬と呼びその新薬と同じ有効成分で他の製薬会社が開発した薬のことを指します。

新薬の有効成分は元から効果や安全性など確率されているためジェネリックの開発は低コストで抑えることができるのです。そのため、同じ効果や効能の薬でも値段の差が大きくなるのです。日本でも現在ジェネリック医薬品を国をあげて推奨しておりますが、実は医療の先進国など海外ではジェネリックの普及率が70%以上とかなり高い数字となっているのです。そしてその中にはなんとジェネリックが90%も占めている国があるのです。日本は先進国の中でも医療が発達しているのですが、ジェネリックの普及率はなんと6割程度とまだまだ認知度が高いと言えないのです。

日本人の心理として薬の安いものは効かないのではないかというイメージがあり、ジェネリック=新薬より劣るなどと認識している人がほとんどです。ジェネリックを発売するに当たりもちろん効果がなければ承認されません。海外で販売されているものももちろん効果が立証されていなければ販売には至らないのです。日本は高齢化社会のため国の医療費の負担がかなり大きくこれからもっとどんどんその医療費の負担は膨れ上がってきます。その負担を少なくするためにも日本はこれからもっとジェネリックを普及させていかなければいけないのです。実際国の目標として2020年までにはジェネリックの普及率を8割以上にする取り組みを進めているようです。

アイピルはノルレボのジェネリックになりますのでもちろんノルレボと効果は同等となっています。日本の病院でノルレボを処方してもらうとかなり高額になりますがジェネリックであるアイピルであれば10分の1の価格で購入することができるのです。アイピルは日本の病院では処方してもらう事はできませんが海外から通販で購入することができるので、通販でアフターピルを購入する人が増えているのです。

アイピルはあらかじめ購入

時計 アイピルはアフターピルですので、避妊に失敗してから72時間以内に飲まなければ効果を得ることができません。しかし海外からの輸送となるとどうしても時間がたってしまうため、失敗してからの注文では間に合わないのです。
そこでアイピルを通販で購入している人の多くが、あらかじめアイピルを購入しておき、何かあった時の為の最終手段として手元においているという事です。
緊急避妊薬は女性が女性自身を守るためのお薬です。病院で購入する事に抵抗がある方や値段面で心配がある方はアイピルを通販で購入する事をお勧めいたします。

アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ

アイピルはどこで通販すればいいの?

アイピルは日本では未承認の為通販でしか購入することができません。しかし通販と言ってもアマゾンや楽天など普段利用している一般の通販サイトでは購入する事はできないのです。

なぜならアイピルは医療用医薬品で国内で通販することは違法となっているのです。しかし海外で一般的に販売されているアイピルであれば個人輸入として自分で使用する場合に限り海外から購入する事ができるのです。

個人輸入と聞くと難しく感じますが個人輸入代行サイトを利用することで、普段利用している国内の通販サイトと同じように簡単に購入することができるのです。

個人輸入代行サイト

個人輸入は今新たな購入方法として人気となっておりたくさんの個人輸入代行サイトが存在します。個人輸入をお手伝いしてくれるのですが、たくさんありすぎてどのサイトで購入すればいいのか不安になる人もいます。

さらに中には偽物を高額に販売するような悪質な個人輸入代行サイトも存在してしまっているのです。アイピルは需要が多い分そのような悪質なサイトが表れてしまうのです。

しかしネットで検索して上位に出てくるようなサイトはそのような心配がなくリピーターも多いため安心して購入することができます。特に正規品と記載がしてあったり、電話連絡が取れるサイトは安心して個人輸入することができます。あとは値段での問題や、郵便局留めができる、など自分に合ったサイトを選ぶだけとなっています。

アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ

アイピルとは

アイピルとは アイピルとは、ノルレボのジェネリック薬でモーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬です。
避妊に失敗した時、万が一性犯罪などに遭ってしまった時のために、女性なら常備しておきたいお薬です。
中絶や望まない妊娠という事態にならないためにも、もしもの時のために、効果や副作用を覚えておきましょう。
アイピルの主成分は、レボノルゲストレルという成分で、この成分は女性ホルモンの分泌を抑制する働きがあります。
女性の体は、女性ホルモンの分泌が活発だと妊娠しやすい状態になり、女性ホルモンが抑制された状態では妊娠しにくくなります。
ですので、緊急避妊薬の場合、女性ホルモンを抑制する成分が活用されます。

アイピルの服用方法と注意点

アイピルの服用方法と注意点 通常のピルは、同じ時間に毎日飲む必要がありますが、アイピルは必要な時に1回だけの服用で効果があります。
アイピルは、性行為から72時間以内に服用すると、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐことができます。
避妊できる確率は早ければ早いほど高まるため、少しでも早く服用することが肝心で、一般的に24時間以内に服用した場合は95%、25~48時間では85%、49~72時間は58%と言われています。
ただし誰でも服用できるわけではなく、妊娠中の人、授乳中の人、重篤な肝障害がある人などは服用できないことがあります。
産婦人科などで医師に確認する必要があります。

アイピルの副作用

あくまでも避妊薬なので、性感染症などを予防することはできないので、そのためにはコンドームなどを利用しましょう。
副作用は、個人差がありますが、吐き気と頭痛、便秘、下痢などがあります。
場合によっては不正出血もあります。
これらは一時的な症状ですが、症状が酷かったり、長引く場合には病院に行きましょう。
服用してから2時間以内に吐いてしまったり、下痢になってしまった場合は、お薬も体外に排出されてしまうので、その場合は吐き気が収まるを待ってから、もう一度服用して下さい。
吐き気を抑えるためには、食後の服用がおすすめです。
ホルモン調整を無理矢理行うので、体にはそれなりに負担が掛かります。
常用ではなく、あくまで緊急用の避妊薬という認識を持ち、長期的に避妊したい場合は、副作用の少ない低用量ピルなどの方がおすすめです。

アイピルの体験談

アイピルはもしもの時に

アイピルはもしもの時に

私は元々彼氏もいなかったので自分がまさかアイピルを購入するなんて思ってもいませんでした。しかしある日会社の上司に誘われて複数で飲みに行ったのですが、その上司に終わりに二人で飲もうと誘われたのです。その上司は妻帯者だったしモテるタイプなので私なんか相手にしないだろうと安心して誘いに乗ったのですが、なんとその日に酔ったままホテルへ行ってしまったのです。まさかそんなつもりはなかったのですが、流れと言うか思わぬエッチをしてしまったのです。上司はきちんと避妊具を着けてくれていたので何とも思っていなかったのですが、なんと予定日に生理がこなかったのです。まさかあのたった1回で?と不安になったのですがさらに1週間たってもならなかったのです。
ネットで検索してみるとゴムを着けていても妊娠することがあるみたいで、おそるおそる検査薬を試してみたのですが陰性ですごく安心しました。しばらくすると生理が普通にきたのですが、こんな気持ちになるなんてとかなり落ち込みました。そして二度とこのような気持ちにならないようにネットで色々検索した時についでに知ったアイピルを通販で購入する事にしたのです。私はそこまでセックスをたくさんするタイプではないのですが、いつ何があるかなんてわからないなと今回の経験でわかりました。
アイピルは緊急避妊薬と呼ばれていて、本当に女性にとって緊急時には必要なアイテムだと思います。今回もし妊娠していたら、上司にも言えないし友達にもきっと相談できませんでした。ましてや親になんて不倫したなんて絶対に言えません。今はアイピルを常に持っているので逆にいつ何があっても大丈夫だと安心しています。値段も病院などで処方してもらうよりはるかに安いし、通販で買うことができるので誰にも知られずに済みます。実は産婦人科などに行くのに私は少し抵抗を持っているのですが、どれほどの女性がこの薬について知っているのでしょうか?そしてどれほどの女性がこの薬を知らないがためにつらい思いをしたのでしょう。私は元々知らなかったので、多くの人に知ってもらいたいです。

アイピルの通販についてのまとめ

アイピルの通販のまとめ

アイピルはアフターピルノルレボ錠のジェネリック医薬品です。日本では未だ承認されておらず日本国内では海外からの通販でしか購入することはできません。日本国内で処方されているノルレボ錠は1回の使用分で1万円~2万円と若い世代では手の届きにくい価格となっており、さらにはアフターピルの存在すらあまり認知されていないのです。

海外では当たり前のようにアフターピルが市販されておりアメリカではドラッグストアで15歳以上であれば誰でも購入することができます。さらに価格も日本で処方されているものよりも安く多くの人が手にするチャンスがあるのです。

アイピルは日本のアフターピルと同じ効果を持っているのですが、価格が10分の1以下とかなり手にしやすい価格となっています。そのため若い世代でも躊躇なく買うことができ、最悪の場合中絶となっていたかもしれないという確率を減少させることができるのです。

日本では婦人科に対して抵抗があるという人も中にはいらっしゃいます。若い世代であればなおさら他人の目が気になるものです。病院へ行かずしてアイピルを手に入れることができるので、通販でのアフターピルの購入は今人気となっているのです。

しかしアイピルは避妊に失敗してから72時間以内に飲まなければいけません。海外から通販する場合即日配達と言うわけにはいかないのです。中にはアフターピルを3日以内に発送しますという業者もいますが確実性はなくかなりギャンブルに近いのであてにはしないほうが良いです。もし早急にアフターピルを必要な場合は病院へ行くことをお勧めします。アイピルを通販する場合はあらかじめの予防対策やもしもの時のために持っておくという意識でいましょう。

アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ