アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。

アイピルは通販の購入で人気のアフターピルです。その効果や副作用、使用方法や飲み方などの詳細をご紹介します。

アイピルとは

アイピルとは アイピルとは、ノルレボのジェネリック薬でモーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬です。
避妊に失敗した時、万が一性犯罪などに遭ってしまった時のために、女性なら常備しておきたいお薬です。
中絶や望まない妊娠という事態にならないためにも、もしもの時のために、効果や副作用を覚えておきましょう。
アイピルの主成分は、レボノルゲストレルという成分で、この成分は女性ホルモンの分泌を抑制する働きがあります。
女性の体は、女性ホルモンの分泌が活発だと妊娠しやすい状態になり、女性ホルモンが抑制された状態では妊娠しにくくなります。
ですので、緊急避妊薬の場合、女性ホルモンを抑制する成分が活用されます。

アイピルの服用方法と注意点

アイピルの服用方法と注意点 通常のピルは、同じ時間に毎日飲む必要がありますが、アイピルは必要な時に1回だけの服用で効果があります。
アイピルは、性行為から72時間以内に服用すると、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐことができます。
避妊できる確率は早ければ早いほど高まるため、少しでも早く服用することが肝心で、一般的に24時間以内に服用した場合は95%、25~48時間では85%、49~72時間は58%と言われています。
ただし誰でも服用できるわけではなく、妊娠中の人、授乳中の人、重篤な肝障害がある人などは服用できないことがあります。
産婦人科などで医師に確認する必要があります。

アイピルの副作用

あくまでも避妊薬なので、性感染症などを予防することはできないので、そのためにはコンドームなどを利用しましょう。
副作用は、個人差がありますが、吐き気と頭痛、便秘、下痢などがあります。
場合によっては不正出血もあります。
これらは一時的な症状ですが、症状が酷かったり、長引く場合には病院に行きましょう。
服用してから2時間以内に吐いてしまったり、下痢になってしまった場合は、お薬も体外に排出されてしまうので、その場合は吐き気が収まるを待ってから、もう一度服用して下さい。
吐き気を抑えるためには、食後の服用がおすすめです。
ホルモン調整を無理矢理行うので、体にはそれなりに負担が掛かります。
常用ではなく、あくまで緊急用の避妊薬という認識を持ち、長期的に避妊したい場合は、副作用の少ない低用量ピルなどの方がおすすめです。

アイピルの通販

アイピル アイピル(Ipill)は海外通販で大変人気なアフターピルです。その人気の理由ですが、アイピルは日本のあすか製薬から販売されているノルレボのジェネリックにあたるのですが、国内では、アフターピルを購入する時病院で診断を受け処方箋をもらってから初めて薬局などで購入することができます。そしてノルレボ錠は保険適用外なので、診察代もお薬代もすべて自己負担となります。さらに自由診療の為値段にばらつきがあり、相場としては1万円~となっています。
しかしアイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品の為、価格として1錠1000円前後で販売されており、病院へ行かず購入することができるので、通販で人気となっているのです。
アイピルはインドのシプラ社という大手製薬会社が開発販売しているのですが、日本で販売されているノルレボと同じ成分レボノルゲストレルを主成分としているので効果や効能は同等となっています。やはり通販を利用して海外の医薬品を購入するのに抵抗がある方は多いのではないでしょうか?
しかし、もちろんインドでもその薬の有効性が認められなければ販売することはもちろんできないのです。実際に国境なき医師団などは安い値段で購入でき、効果も認められているインドのジェネリック医薬品をメインとして扱っているのです。

アイピルはあらかじめ購入

時計 アイピルはアフターピルですので、避妊に失敗してから72時間以内に飲まなければ効果を得ることができません。しかし海外からの輸送となるとどうしても時間がたってしまうため、失敗してからの注文では間に合わないのです。
そこでアイピルを通販で購入している人の多くが、あらかじめアイピルを購入しておき、何かあった時の為の最終手段として手元においているという事です。
緊急避妊薬は女性が女性自身を守るためのお薬です。病院で購入する事に抵抗がある方や値段面で心配がある方はアイピルを通販で購入する事をお勧めいたします。

アイピルの体験談

アイピルはもしもの時に

アイピルはもしもの時に 私は元々彼氏もいなかったので自分がまさかアイピルを購入するなんて思ってもいませんでした。しかしある日会社の上司に誘われて複数で飲みに行ったのですが、その上司に終わりに二人で飲もうと誘われたのです。その上司は妻帯者だったしモテるタイプなので私なんか相手にしないだろうと安心して誘いに乗ったのですが、なんとその日に酔ったままホテルへ行ってしまったのです。まさかそんなつもりはなかったのですが、流れと言うか思わぬエッチをしてしまったのです。上司はきちんと避妊具を着けてくれていたので何とも思っていなかったのですが、なんと予定日に生理がこなかったのです。まさかあのたった1回で?と不安になったのですがさらに1週間たってもならなかったのです。
ネットで検索してみるとゴムを着けていても妊娠することがあるみたいで、おそるおそる検査薬を試してみたのですが陰性ですごく安心しました。しばらくすると生理が普通にきたのですが、こんな気持ちになるなんてとかなり落ち込みました。そして二度とこのような気持ちにならないようにネットで色々検索した時についでに知ったアイピルを通販で購入する事にしたのです。私はそこまでセックスをたくさんするタイプではないのですが、いつ何があるかなんてわからないなと今回の経験でわかりました。
アイピルはもしもの時に アイピルは緊急避妊薬と呼ばれていて、本当に女性にとって緊急時には必要なアイテムだと思います。今回もし妊娠していたら、上司にも言えないし友達にもきっと相談できませんでした。ましてや親になんて不倫したなんて絶対に言えません。今はアイピルを常に持っているので逆にいつ何があっても大丈夫だと安心しています。値段も病院などで処方してもらうよりはるかに安いし、通販で買うことができるので誰にも知られずに済みます。実は産婦人科などに行くのに私は少し抵抗を持っているのですが、どれほどの女性がこの薬について知っているのでしょうか?そしてどれほどの女性がこの薬を知らないがためにつらい思いをしたのでしょう。私は元々知らなかったので、多くの人に知ってもらいたいです。

アイピルで安心感

アイピルの体験談 私には半同棲中の彼氏がいます。
付き合って2年になり、いつかは結婚したいねと言ってくれています。
とはいえ、今はお互いにまだ大学生なので、まだしばらくは自分のための時間も大切にしたいと思っています。
おおらかで優しい彼ですが、一つだけ不安に感じる点があります。
それは、性行為をする時に避妊具をつけてくれない事です。
彼自身もまだ妊娠は望んでいないのですが、避妊具の使用感がどうしても無理だと言って、最後だけ外に出すというやり方をしています。
後は、排卵日付近は避けるといった程度です。
今のところそれで妊娠に至った事はありません。
ですが、もしも妊娠した場合には大きな選択を迫られる事になりますし、私自身自分の体の事なので、やはり不安です。
低用量ピルの服用も考えましたが、毎日飲まなくてはなりませんし、副作用もあるという事からやはり二の足を踏んでしまっていました。
そんな時に、友人から教えてもらったのがアイピルでした。
アイピルとは、緊急避妊薬とも言われる薬で、性行為の後に服用する事で、妊娠を避ける事が出来るものです。
黄体ホルモンの一種である主成分の働きにより、受精や受精卵の着床を阻害する作用があります。
これを性行為後1日以内に服用する事で、高い避妊効果を得る事が出来るのです。
アイピルなら、毎日服用することなく、危なそうな日や、彼がタイミングを失敗してしまった時などでも、後から薬を飲む事で望まない妊娠を避ける事が出来るのです。
アイピルを購入してからは、私も随分気が楽になりました。
実際に服用したのはまだ2回程度しかありませんが、避妊は成功でした。
1度は本当にやばいかもと、顔がまっ青になってしまいましたが、大丈夫でした。
ただ、アイピルを飲むと吐き気がします。
私の場合は服用してしばらくで本当に我慢できなくて吐いてしまったので、仕方なくもう一度飲みなおしました。
服用後薬が吸収するまでに1時間程度は必要なため、本来であれば吐き止めの薬と一緒に服用するのだそうです。
私は、医師の処方を受けた訳ではなく、海外からの個人輸入で購入しました。
このため、服用に関しては、全て自己責任でということになります。
自分の体の事なので、慎重に使う様に心がけていて、私にとってはお守りの様な存在です。
避妊に関して彼と言い合いをしたり、気まずくなる事がなくなったのも、良かったと思います。
本当に困った時だけと決めて、上手に使っていきたいと思っています。