アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。

アフターピルの効果や飲み方、副作用についてご説明しています。

アフターピルの効果などについて

アフターピルの効果とは

アフターピルは性行為後に何らかが原因で避妊できなかった際に緊急用として女性側が服用する避妊薬です。そのため緊急避妊薬とも呼ばれています。アフターピルの服用することで得られる効果と、その際に発生する副作用、服用に際しての注意点をご説明します。

アフターピルの効果

アフターピルのメカニズム 現在アフターピルはプラノバール錠とノルレボ錠の2種類ありますが基本的にはその効果は同じものです。しかしヤッペ法と呼ばれているプラのバール錠は2回に分けて計4錠服用しなければいけないのと、副作用として強い吐き気、最悪な場合薬ごと嘔吐してしまう可能性がある、ノルレボ錠の方が避妊の効果が高いことからノルレボ錠が主流となっています。このページではノルレボ錠について説明しています。

ノルレボ錠を服用すると、多量の女性ホルモンを摂取し、強制的に体を妊娠しない状態にします。受精卵の着床を防ぎ、避妊することができます。その他にも排卵を抑え、受精も防いでくれるため、もし排卵後でも、残りの2段階で妊娠を防いでくれる効果があるので高い確率で避妊することができるのです。

アフターピルに服用は性行為後からの時間が早ければ早いほど避妊効果は高く、12時間以内に服用すれば、95%という高い確率で避妊できるというデータがあります。しかし時間が経てば経つほど確率が下がる為、少しでも早く服用することが重要です。
アフターピルは最長で性行為から72時間、この時間内に飲むことで高い避妊確率を得ることができます。

120時間以内でも可能となっている場合もありますがその時間内だと避妊の確率がかなり減るため、やはりなるべく早く、理想的なのは12時間以内の服用となります。

服用してから、3日~21日で生理程度の出血があれば、その前日までの性行為による妊娠の可能性は全てなくなります。この出血を消退出血とよび、アフターピルで、ホルモン調節をして子宮内膜を剥がす為、出血がおきます。個人差はあるのですが、ほとんどの方は10日前後でおこります。遅い場合でも3週間後には出血が起きます。この期間に、消退出血がなければ、妊娠している可能性がある為、妊娠検査薬などで必ず確認をして下さい。

アフターピルは中絶の為の薬では無いため、もしアフターピル服用前に妊娠していた場合は効果がありませんので注意しておきましょう。

アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ

アフターピルの服用方法

アフターピルの服用方法

アフターピルのノルレボ錠(アイピル)を服用するときに一番注意しなければいけないのが、やはり時間です。早く飲めば飲むほど避妊の確率が上がるので早急に服用する必要があります。

ノルレボ錠のアイピルの場合であれば1錠をたった1回72時間以内に服用すればいいのです。もし手元にアフターピルが無い場合は早急に病院やクリニックに行き医師に相談しましょう。そうならないためにもお勧めなのがノルレボ錠のジェネリックであるアイピルをあらかじめ通販でアフターピルを購入しておきましょう。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用ですが、早急な避妊効果を得るため低用量ピルに比べてホルモンの含まれている量が多くなっています。そのため個人差はありますが、副作用が出やすく、不正性出血、悪心、下痢、吐き気、腹痛、頭痛、めまい、だるさなどがあります。特にプラノバール錠は吐き気が強く出る場合が多く、服用後2時間以内に嘔吐してしまうと避妊の効果を得ることができない為、吐き気止めと一緒に処方されています。

ノルレボ錠は吐き気を感じる割合がプラノバール錠に比べて少なくなっているのですが、まれに表れることがあるので吐きやすい人などは横になるなど安静にしておくか医師と相談し吐き気止めを処方してもらいましょう。

これらの副作用は一時的なものである為、ほとんどの場合、数時間から半日で緩和されます。長引いたり酷すぎる場合には、医師に相談して下さい。

アフターピルの失敗例と服用禁止

服用した後、2時間以内に下痢や嘔吐をしてしまうと、薬も体外に排出されている確率が高い為、改めて飲む必要があります。
吐き気が収まってから、もう再度服用して下さい。
また、ホルモン剤でアレルギー反応がおきた人、肝臓に重篤な障害のある人、妊娠中の人などは利用できない人もいるので、事前に医師に確認をして下さい。
他のお薬やサプリメントなどとも併用できない場合がりますので、その場合も医師に確認が必要です。
勿論、心配だからと言って、大量に摂取することは厳禁です。
一時的にホルモンバランスを乱すことになる為、体にはかなり負担をかけてしまいます。
あくまで緊急用のお薬ですが、女性なら避妊に失敗してしまった場合や万が一強要された場合などのために常備しておきたいお薬です。

アフターピルの口コミはこちらから

避妊成功の判断

避妊成功の判断

あくまでアフターピルは緊急用のものであるため、常用や乱用は控えるようにしましょう。さらに注意したいのは、着床前の受精卵にしか効果がないということです。

つまり、それ以前の性交渉によって既に着床している受精卵があった場合、当然ながら避妊は回避できません。アフターピルを使用する際には、事前に市販の妊娠検査薬などで妊娠していないか確認してから使用するようにしましょう。

服用すると、だいたい3日後には生理が起こります。生理が来れば避妊できたということです。服用したにも関わらず、3週間たっても生理が来ない場合は妊娠している可能性が高いので、その場合は必ず受診するようにしましょう。

アフターピル(アイピル)の通販ならお薬なびへ