アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。
TOP >トリキュラー

トリキュラーの効果や服用方法、副作用、飲み方をご紹介しています。

トリキュラーの効果は本当に確実なの?

トリキュラー 低用量ピルの中でも人気が高いのはドイツのバイエル社が製造と販売しているトリキュラーです。低用量ピルは経口避妊薬とも呼ばれており、毎日決められた順番通りに服用することで、100%近い避妊効果を得ることができ、さらに他にも女性のメリット性が高い効果も得ることができます。

そんなトリキュラーですが、気になるのはやはり効果です。毎日体に摂取するものだからこそ本当に効果があるのか副作用はあるのかなどが気になりますよね?

トリキュラーは低用量ピル

低用量ピルには「世代」と「相性」がありトリキュラーは第2世代の3相性になります。
3相性とは服用するホルモンの量を3段階に分けることで、女性の体内のホルモンを自然な状態に限りなく近く変化させることができ、不正出血などの副作用を引き起こしにくくします。トリキュラーは安全性も高く低用量ピルの特徴である正確に服用すればほぼ妊娠することはないため多くの人が低用量ピルの中でも選択しているのです。21錠タイプと、飲み忘れ防止剤(ブラセボ)7錠を含んだ28錠タイプがあります。28錠タイプは28日間飲み続けるので飲み忘れの心配がないため人気となっています。初めて低用量ピルを飲む方は28錠タイプがお勧めで、錠剤を飲むのが苦手だという方は21錠タイプがお勧めです。

トリキュラーの効果

トリキュラーには2種類の成分が含まれており、毎日正しい順番で服用することで妊娠を100%に近い数字で防ぐ効果があります。避妊効果以外にもホルモンのバランスを整えることで生理周期を28日と正しい周期へと変化させることができます。
生理痛がひどかった人や出血量が多かった人も改善され、生理前に精神が不安定になったり、体調が悪くなっていたひとも軽減させる効果があるのです。この効果により避妊目的だけでなく生理のトラブルでお悩みの人でもトリキュラーを選択しているのです。
その他にもニキビや肌荒れの改善、子宮体がんや卵巣がんの予防など妊娠を望んでいない女性にとってトリキュラーは大変メリットの高いものとなっています。

トリキュラーの副作用

トリキュラーの副作用 トリキュラーには低用量ピルと言われているくらい効果が発揮できるぎりぎりの量のホルモンが含まれています。この量であれば副作用は最低限で抑えることができます。安全性の高い避妊薬なのですが、副作用が全くないわけではありません。
妊娠初期に近い状態へと体を変化させるため、同じような症状が出ることがあります。気持ち悪い状態や、嘔吐、腰痛、眠気などがまれに表れます。これらは飲み始めた1周期目に起こることが多く2周期目ではほとんど感じることはありません。副作用で一番気にしなければいけないのが、血栓症です。血が詰まりやすくなってしまうため起こるのですが、特に糖尿病のかたや喫煙者はつまりやすいので注意が必要です。ヘビースモーカーの方は使用に関して注意しましょう。
副作用はほとんど表れないと考えられていますが、もし気になる場合や違和感を感じた場合は医師に相談してください。

トリキュラーの副作用
比較的多い副作用・吐き気・頭痛腰痛・腹痛・乳房痛・不正出血etc
重症な副作用
(めったにない)
・血栓症

トリキュラーの注意点

トリキュラーの注意点

トリキュラーの副作用でも記載しましたがトリキュラーを服用するに当たり注意点があります。

まず服用禁忌ですが
・トリキュラーの成分に対してアレルギー反応が出たことがある場合
・異常性器出血のある場合(診断が確定してない場合、性器がんの疑いがある)
・エストロゲン依存性悪性腫瘍(子宮がんや乳がん)
・年齢が35歳以上でタバコを吸う本数が1日に15本以上の場合
・血栓性の静脈炎、脳血管障害、冠動脈疾患、肺塞栓症の患者、もしくは既往歴がある場合
・糖尿病(血管病変を伴っている)
・重症な肝障害
・高血圧
・妊娠中もしくは妊娠の可能性がある場合、授乳中
などが使用禁忌となっています。

その他の注意点としてトリキュラーは避妊薬ですので、性行為による感染症(STD)の予防、改善などの効果は一切ありません。これらを防ぐためにはコンドームなどを使用しましょう。

トリキュラーと年齢

トリキュラーの重傷な副作用として血栓症があげられていますが、特に35歳以上の女性でタバコを1日に15本以上吸う人がトリキュラーの服用によって血栓症になりやすいと考えられています。

血栓症以外にも心筋梗塞などの心血管系に対して障害が出やすくなると報告があります。タバコを吸わなくても40歳以上の女性であれ場これらの副作用が出やすいと考えられているので服用に関しては意志と必ず相談しましょう。

トリキュラーと血栓症

血栓症は血管の内部に栓ができてしまい、血液の流れが低下してしまったり、血液の流れが止まってしまう可能性のある病気です。トリキュラーの服用による副作用で血栓症がありますが、発生の頻度は0.1%以下と限りなく可能性は少ないです。

しかし確率は0ではありませんのでもしトリキュラーを服用していて急激に息切れしたり、ひどい頭痛、足や手の脱力や麻痺、視力が急に下がる、足が痛くなる、しびれるなどを感じたら早急に医師に相談しましょう。

ピルと血栓症について詳しく

トリキュラー服用方法

トリキュラー服用方法

トリキュラーの服用方法ですが、21錠と28錠では異なります。すぐ避妊効果を得たい場合は、生理の開始日から服用を始めましょう。服用したその日から避妊効果を得ることができます。トリキュラーは三段階に分けてホルモンの量が変わりますので順番通りに服用してください。そのまま服用を21日間継続させ7日間は薬の服用を休み、29日目に次の周期へと入ります。28錠であればそのまま服用を続け、次の周期へと入りましょう。もし飲み忘れた場合は一旦中止し、次の生理が来るまで性行為を避けるようにしましょう。避妊の効果がないものと考え他の避妊方法をとるでもよいです。

トリキュラーは服用するタイミングによって避妊の効果を得られるタイミングが異なり、大きく分けると3つの服用開始日があります。もちろんどの飲み方でも得られる効果は同じですが、自分に合った服用開始日を選ぶことが重要です。

デイワンスタート

最もポピュラーな服用方法がデイワンスタートです。デイワンスタートは生理が始まったその日に1週目の服用を開始する服用方法です。デイワンスタートであればトリキュラーの避妊効果を服用初日から得られることができます。生理が始まってから24時間以内に服用することが重要となります。

トリキュラーの効果は基本的に7日後から得ることができるので生理初日に服用することができれば排卵が基本的には14日後なので服用したその日から避妊することができるのです。

サンデースタート

サンデースタートは生理になってから訪れる最初の日曜日にトリキュラーの服用を開始する方法です。サンデースタートの特徴は日曜日から服用を始めるため28周期に生理を整えることによって次の生理が週末に被らなくなるというメリットがあります。

トリキュラー服用中は生理を引き起こす卵胞ホルモンの活動を阻害し、トリキュラーを飲み終えることで生理を平日に持ってくることができるのです。このサイクルを継続して行えば生理を平日に常に合わせることができ、土日などの週末に生理が来るのを回避することができるのです。

アスリートの方などは週末に大事な大会などがあることが多くサンデースタートで服用している人が多くなっています。

クイックスタート

クイックスタートは生理初日に服用できなかった場合の服用方法となります。もし初日に服用できなかった場合、生理開始翌日から7日以内に服用を開始します。クイックスタートの場合服用開始日から避妊の効果を得ることはできません。服用してから1週間は効果がないので他の避妊方法をとらなくてはいけないのです。

クイックスタートは生理開始日などを気にせずに始めることができるので、避妊以外の目的で服用している人がこの方法をとっている場合が多いです。

トリキュラーの購入方法

トリキュラーの購入方法

・病院での処方
トリキュラーは婦人科やレディースクリニックで処方してもらうことができます。トリキュラーは他の低用量ピルよりも値段が安く販売されており日本でも低用量ピルと言えばトリキュラー認識されているほど流通も多くなっています。

低用量ピルを病院で処方してもらう場合支払いパターンが実は2パターンあります。それは保険が適用される場合と適用されない場合です。月経困難症などの治療目的の場合保険が適用されますが、避妊目的の場合は保険が適用されません。トリキュラーの場合保険が適用されませんのでご注意ください。

・通販での購入
トリキュラーは国内では処方箋薬ですが、海外から個人輸入をして通販することができます。さらに病院で処方してもらうよりも安価に購入することができるためトリキュラーを通販で購入するのは人気となっています。

しかし通販で購入する場合注意しなければいけないのが購入に関してはすべて自己責任という事です。健康状態などによってはトリキュラーを服用することができない人もいますので、1度病院で処方してもらったことがある人や、安い価格で手に入れたい人、婦人科などに行くのに抵抗がある人、誰にも知られずにトリキュラーを購入したい人などは通販が大変便利となります。

個人輸入とは

トリキュラーを病院で処方してもらう方法以外の購入方法で通販がありますが正確には個人輸入と言う方法です。個人輸入?とあまり耳にしない方は不安に思うかもしれませんが通販サイトでも海外から購入していれば個人輸入に当てはまります。

トリキュラーは逆に言うと通販では個人輸入でしか購入する事ができません。皆さんが普段使っているアマゾンやヤフー、楽天などの通販サイトではトリキュラーを含めた避妊薬は販売することも、購入する事も違法になってしまうのです。

個人輸入は海外から個人で使用する場合に限り購入することができます。その為販売や知人に譲るためなどの目的では個人輸入することができません。あくまでも自分自身が使う場合のみ申請なしに輸入することができるのです。

医薬品やその他の物の中でも個人輸入できないものももちろんあります。しかしトリキュラーは申請なしに個人輸入することができるので多くの人がトリキュラーを通販で購入しているのです。

個人輸入の注意点

トリキュラーを個人輸入する場合の注意点ですが、個人輸入する時は個人輸入代行サイトを利用すると大変便利です。なぜなら個人輸入する場合法に基づいた方法が必須となりますし、海外の人とやり取りするにはやはり専門業者に頼むのが一番です。

個人輸入代行サイトは通常の通販サイトと何ら変わりなく、例えばブランド品を海外から購入する時も同じような方法で注文しているのです。

通販で海外からトリキュラーを買う場合値段もかなり安く病院へ行かなくても買えるので大変便利ですが、購入したものを誰かに販売したり他人に譲ったりしてはいけません。あくまでも自分が使う目的での購入のみとなっているのです。もし販売したいのであれば厚生労働省などに申請しなければいけません。

そして海外からの販売ですので手元に届くまで時間がかかってしまうという事を覚えておきましょう。飛行機や船に乗ってそして税関を通って手元に届きます。国内の通販のように即日配達とはいかないので余裕を持って購入しましょう。

トリキュラーの通販は大変お得で便利ですので今現在人気の購入方法となっています。通販で購入する場合必ず使用量、使用方法を確認し乱用などせずに正しい服用方法をとりましょう。

トリキュラーの口コミ・体験談

トリキュラーを他の人はどう使っているの?本当に効果があるの?副作用は出た?などきになることはたくさんです。 そこでトリキュラーの口コミや体験談をご紹介していきます。

トリキュラーの口コミ

トリキュラーの口コミ

・ようこさん(24歳)
避妊目的はもちろんだけど、生理痛がひどかったのといつも周期がバラバラだったのでトリキュラーを飲んでいました。しかし引っ越しと共に通っていた婦人科が遠くなったのでネットでも買えることを知り、今ではトリキュラーをネットで買っています。規則正しい生理が来ることで生活リズムを急に変えなくて済むので助かっています。

・ももさん(28歳)
以前は1相性の低用量ピルのマーベロンを飲んでいたのですが、私には少し合わなかったようで病院でトリキュラーに変えてもらいました。そのまま飲み続けていますが今のところ副作用は出ず安心して継続できそうです。

・テルさん(30歳)
大きな声では言えませんが職業柄低用量ピルを飲まなくてはいけなくてそして保険証ももっていないので通販で買っています。最初通販で大丈夫かな?と思っていたのですが生理が28周期できちんと来るようになったのと、お肌が前より綺麗になったので本当に効いているんだと思います。生理の予定がわかると仕事のスケジュールも組みやすいので助かっています。

・SSRSさん(20代)
トリキュラーを飲みはじけた最初の周期は副作用で悩まされました。まるで妊娠しているかのような(妊娠したこと無いですが)気持ち悪さと眠気が出始めて胸もすごく張っていてどうしようかと病院で相談したところ2周目に入ると落ち着きますよと教えてもらいそのまま2周目に突入しました。しばらくすると1週目で感じていた副作用はなくなり調子も良くなったので今も継続して飲んでいます。

トリキュラーの体験談

トリキュラーの体験談

「PMSの症状にトリキュラー」 きらもちさん(23歳)

私は生理の1週間前になるといつもPMSになってしまい常にイライラ状態です。仕事は立ち仕事なのですが後輩が少しミスをしただけでイライラ、上司に嫌味を言われていつもならスルーなのに反抗的になってしまったりなど体調面でもしんどいですが、精神的にもかなりやばくてドラッグストアで対面で販売しているPMS用の薬を飲んだりしていたのですがなんだか効いているのかよくわからなくて、、
さらに生理不順と言うのですか?早く来たり2か月たってやっときたりなど生理の周期にもばらつきがあったので、そこで思い切って婦人科で相談すると低用量ピルを飲むのがいいよと進めてくれました。低用量ピルにも種類が沢山あるらしく、トリキュラーが一般的で副作用も少ないので安全ですよと言われトリキュラーを処方してもらう事にしました。

初診で血液検査をして3か月分処方してもらったのですが、低用量ピルを飲むと避妊しなくても妊娠しないというのにまずびっくりしました。そしてPMS以外にも生理痛を緩くしてくれたり、生理周期をきっちり28日にしてくれたりとこんなすごい薬があるのになぜもっと早く飲まなかったんだと・・・
そして私は土日出勤が多く勤務中忙しいので平日に生理が来るように生理が来た次の日曜日から飲み始めることにしました。飲み始めた時は少し気持ち悪いかな?と思ったのですがそれほどの違和感はなくこれで本当にPMSが改善されるのだろうか?生理が28周期で来るのだろうか?と不安になりましたがなんと1シート目が飲み終わって休薬期間をとっていたら生理がきたのです。

しかも生理前のあの嫌なイライラが全くなくて気づいたら生理が来たという感じです。私は21錠タイプを飲んでいるので本当に28周期ピッタリで来るようになりました。生理周期に悩んでいたのおありますが本当にPMSが辛かったのでトリキュラーを飲んでよかったともいます。このまま妊娠が必要になるまで飲み続けていきたいです。

「30歳で初めての避妊薬」コイキングさん(30代)

2年前に双子を生んだのですがなんとその翌年にまた妊娠してしまいました。双子を授かるまでに結構苦労したのでまさかこんなに早く妊娠するとは思わなくて、そしてその当時双子の育児の大変さで疲労困憊していたので本当にどうしようと悩みました。
私はフリーランスの仕事をしているのでここで妊娠してしまったらまた仕事に支障が出ると思い、夫とよく話し合って中絶することにしたのです。今思えば本当に馬鹿な事したなとかなり後悔しているのですがその時は本当にいっぱいいっぱいで・・・

そして中絶をしたのですがそこの病院で先生に次からはピルを飲みなさいと言われました。えっこの年で避妊薬を飲むの?とも思いましたが確かにしばらくは子作りは無理だしまた子供ができても今は困るなと思って低用量ピルのトリキュラーを飲むことにしました。 知らなかったのですが低用量ピルにも種類が沢山あるんですね。私は飲み忘れ防止用ブラセボ付のトリキュラー28にしました。これであれば飲み忘れることもないので安心です。
そして中絶してからすぐではなく生理が来てから飲み始めたのですがなんだかまた妊娠したかのような体調になりました。もちろん生理もきたし旦那と仲良しもしてないので妊娠するわけはないのですが、でも最初の28日間は体が慣れるまで体調がすぐれなくなるかもと言われていたのでこれがそうかと思い飲み続けました。

そして次の周期に入るころに生理がやってきてこれはすごいなと感心しました。生理中いつもだるいのですがそのような事もなく、量も以前までは多かったほうなのですが量も少なくて生理中も快適に過ごすことができました。
中絶後しばらくは旦那と仲良しをする気になれなかったのですが、旦那がそろそろいいだろうと言ってきたのでおそるおそるですが夜の営みをしました。ほんとうに避妊しなくても大丈夫なのかな?と少し不安になりましたが100%に近い避妊率だと言っていたので他の避妊方法はとらずそのまま行為へ・・・もちろん次の生理もきちんときたのでこれからもトリキュラーは飲み続けようと思っています。

まとめ

まとめ

トリキュラーについていかがでしたでしょうか?低用量ピルであるトリキュラーは妊娠を望んでいない若い世代の女性にとって大変心強いお薬となっています。今まで避妊方法で悩んでいた方や、生理に関する問題や仕事柄生理周期を整えたいという女性、ニキビで悩んでいる女性などたくさんの女性の悩みを解決してくれるお薬です。

避妊については使用方法を必ず守ることで妊娠するのが逆に無理と言うくらい高い避妊率を持っています。安全性や効果に長けているトリキュラーですが飲み方を守るのが必須となっていますので、かならず決められた通りに服用しましょう。

低用量ピルには種類がありトリキュラーは第2世代の3相性に含まれています。ホルモンの量を3段階に分けることでより自然な女性の体の状態へと導いてくれるため副作用などが軽減されています。副作用などが心配な方や他の低用量ピルが合わなかった方などはトリキュラーを試してみる価値はあるでしょう。

トリキュラーは処方箋薬ですので医師の処方が国内では必須ですが海外から申請なしに通販することもできます。1周期分で1箱1200円程で販売されており、まとめて購入すると1箱1000円以下で購入できます。元々低用量ピルは保険が適用されませんので、この値段はかなり破格となっています。

トリキュラーの通販が何かしら病院へ行くことができない人やコスト面を抑えたい人などにとって便利な方法で人気が高いですが、もし体調面で心配なことがある場合などは必ず医師に相談しましょう。