アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。
TOP >ノルパック

ノルパックは通販で人気のアフターピルです。その効果や副作用などもご案内しています。

ノルパックとは

ノルパック ノルパックはタイのバンコクの首都圏にあるノンタブリーを拠点としている製薬会社「ABCA Pharma社」が製薬、販売しているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。

性行為後に服用する避妊薬でアフターピルと呼ばれており避妊に失敗してから72時間以内に服用することで行為後の避妊をすることができます。

ノルレボ錠は日本で初めて厚生労働省により承認されたアフターピルでWHO(世界保健機構)の必須薬(エルシャルドラッグ)にも指定されていて世界中で一般的なアフターピルとして認められているのです。

有効成分はレボノルゲストレル0.75mgで2錠で1セットで販売されており、アフターピルの中でも副作用が少なく値段も安い事から通販でノルパックの購入が人気となっています。

ノルパックの通販

ノルパックの通販

日本国内でノルパックの有効成分であるレボノルゲストレルは処方箋薬として指定されています。アフターピルは海外では一般的に使用されていますが、日本ではあまり浸透性はなく認知度も高くない事から存在すら知らなかったという人も多いのです。

ノルパックは日本国内の病院では処方されていませんが、海外から通販することができます。日本でノルレボ錠などのアフターピルを病院で処方してもらう場合保険が適用されずさらに自由診療の為病院によってはかなり高額な値段を提示されることもあります。

アフターピルの日本国内での相場は1回の処方で1万円~2万円と中々手を出しにくい相場となってしまっているのです。

しかしノルレボ錠のジェネリックであるノルパックであれば1セット1000円代で購入することができるので、手軽に購入することができます。

通常の通販と同じようにアフターピルが購入できるは大変便利でそして、値段や病院へ行かなくてはいけない事によってアフターピルの購入をあきらめてしまっていた方にとってはかなりの朗報となっています。

もしアフターピルであるノルパックを通販する場合はお薬なびでの購入がお勧めです。

ノルパックの通販での注意

アフターピルは性行為後72時間以内に服用することによって避妊効果が得られることから別名「緊急避妊薬」とも呼ばれています。あくまでも緊急時に服用するための避妊薬という事です。

毎回の避妊方法ではない事は覚えておきましょう。

そして重要なのがノルパックを通販する場合ですが、海外からの発送という事を覚えておきましょう。

日本では現在即日配達、当日配達のサービスが多く行われていますが、ノルパックの通販は海外発送なので注文してから手元に届くまで時間がかかってしまうという事です。

アフターピルであるノルパックは最長でも72時間以内に服用しなければいけません。

そのことを踏まえると緊急時に注文しても通販であれば間に合わないという事になってしまいます。もし緊急で手元にアフターピルがないのであれば、病院やクリニックで医師に処方してもらいましょう。

ノルパックはあらかじめ通販しておき、もし何かあった時にすぐ服用できるようにお守り代わりとして購入している人がほとんどです。

タイは日本での医療用医薬品が市販されている

タイのドラッグストア

日本では処方箋がないと購入できない薬もタイでは薬局で簡単に買うことができます。そのためよく日本では病院で医師の診断の元処方してもらわないと買えない薬をタイで買ってくるという人もたくさんいるのです。

特に多いのが美容目的での薬の購入です。タイでは同じ成分の薬が日本より簡単にお得に買えるので旅行ついでに購入するにはもってこいという事で人気が高くなっています。

アフターピルであるノルパックもそのうちの一つでタイで市販されているのですが、もちろん毎回タイに行って購入するなんて話はありません。個人輸入でノルパックを通販することができるので日本にいながらでも安心して手に入れることができます。

個人輸入について

ノルパックは個人輸入で通販することができますが、個人輸入と通販どう違うのでしょうか?まずノルパックの有効成分であるレボノルゲストレルは日本では処方箋薬として指定されているので市販薬としては販売されていません。そのため国内で市販することはできず、通販サイトで販売することももちろんできません。

しかし海外で一般的に市販されているものであれば個人輸入として個人で使う場合に限り通販することができるのです。少し難しくなりましたが、海外から自分だけで使う場合であれば通販することができるのです。日本の医薬品はだめですが海外で市販化されているものはOKという事なのです。

インドやタイなどでは日本では処方箋薬でもドラッグストアなどで市販されており簡単に買うことができます。それを通販で買うことができるというわけなのです。

もちろん日本では処方箋薬と指定されているのでなんでも個人輸入できるというわけではありません。もちろん海外で市販されていても個人輸入できない医薬品も多数あります。これらは厚生労働省によって定められており個人輸入代行サイトを利用することによって海外から簡単に法に基づいた方法でノルパックを通販することができるのです。

ジェネリックとは

ノルパックはアフターピルであるノルレボ錠のジェネリック医薬品です。ジェネリックと言う言葉はいま日本でも大分浸透していますが他の医療先進国に比べるとまだまだ認知度は高いとは言えません。

ジェネリックとは新薬に対して同じ有効成分で作られた後発薬のことを指しています。新薬は1から製薬会社が有効成分を長い年月と莫大な費用をかけて開発し臨床試験などを繰り返し安全性や効果などが確立されそして承認されてやっと販売することができます。

ジェネリックは新薬を開発した製薬会社とは異なる製薬会社が同じ有効成分を元に開発して薬のことを指しているのです。なんだか新薬を作った製薬会社からするとずるい気がしますが、もちろん後発薬を開発するにも販売するにも制約がありそれをクリアしないといけません。そうやって開発されて薬がジェネリック医薬品で新薬よりも安いコストで開発できるので販売価格もかなり安くできるのです。

ノルパックはノルレボ錠のジェネリック医薬品です、他にも同じジェネリックでアイピルなどがあり、ノルレボ錠よりかなり安く買うことができるというわけなのです。

ノルパックの効果

ノルパックの効果

ノルパックは性行為後に服用することで避妊効果を得ることができるアフターピルで72時間以内で81%避妊することができます。 妊娠の確立も4.1%とほとんど妊娠することはないのですがもちろん100%ではありません。

しかしできるだけ早く服用することでその妊娠率は下がり、そして避妊率が逆に上がっていくのです。

もし12時間以内にノルパックを服用することができれば、妊娠の確率は0.5%とほぼ妊娠することはありません。

ノルパックを服用することによって、排卵を抑え、受精するのを防ぎ、子宮へ着床させるのも防ぐという何重にも保険を掛けた効果を発揮してくれます。そのため性行為後でも避妊効果を得ることができるのです。

しかし急激に女性の体内を変化させますので、女性側の負担も大きいため毎回の避妊方法として選択するものではありません。あくまでも緊急時用としてノルパックを使用しましょう。

ノルパックの副作用

ノルパックの副作用ですが、以前ノルレボ錠が日本で承認されるまで主流となっていた緊急避妊方法のヤッペ法にくらべるとかなり抑えられています。

安全性も高くなっているのですが、全く副作用がないわけでもありません。

ノルパックを服用すると一時的に気分が悪くなったり、気持ちが悪くなったりすることがあります。しかしこれらの副作用は24時間以上継続することはありません。

ノルパックの副作用で一番重要なのが、嘔吐です。服用してから2時間以降の嘔吐であれば心配はいりませんが、2時間以内の嘔吐であれば薬の効果を得ることができなくなってしまいます。

2時間以内に嘔吐した場合であれば追加投与をしなくてはいけません。

ノルパック服用直後はなるべく横になるなど安静にしているのが一番でしょう。

ノルパックの飲み方

ノルパックの飲み方

ノルパックは2錠で1セットとなっています。そのため避妊に失敗した性行為後72時間以内に1錠、そして12時間後にまた1錠ぬるま湯かお湯で服用します。

12時間後に1錠服用するのを忘れてしまうと避妊の効果を得ることができませんので忘れないように必ず服用してください。

そしてノルパックの副作用でも記載しましたが、ノルパックの服用後2時間以内に嘔吐してしまうと薬の成分も一緒に排出される可能性が高いので避妊効果を得ることができません。ノルパックの服用後はなるべく安静にして横になるなどをしてお過ごしください。

アフターピルを病院で処方してもらう場合病院で服用することが多くなっています。1錠1万円以上するものを吐いてしまうとは元も子もないので横になっているのが賢明だと思われます。

ノルパックのまとめ

ノルパックは個人輸入代行サイトで通販として購入することができます。値段も安く病院へ行かなくても購入できることから通販でアフターピルを購入する人が沢山いらっしゃいます。

ノルパックはあらかじめ通販で購入しておけば緊急時に女性の強い味方となってくれるのです。

しかしノルパックはあくまでも緊急避妊薬です。妊娠を希望していないのであれば、毎日服用することでほぼ100%妊娠する事のない安全な低用量ピルなどを使用することをお勧めいたします。