アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。
TOP >ピルと血栓症

ピルを服用に関して血栓症に注意が必要ですが症状や予防策を知ることで早期治療することができます。

ピルと血栓症

ピルと血栓症

アフターピルや低用量ピルを服用する際に血栓症のリスクについて説明されます。そのため血栓症になりやすい状況にいる患者には基本的にはアフターピルや低用量ピルは処方することはできません。

しかしピルを服用していて血栓症での死亡率は10万分1以下とかなり少ない確率でほとんどは心配ないと考えられます。血栓症は予防や治療をすることで血栓を無くすことができるので定期的な検診、早めの治療、予防が重要となります。このページではピルの服用に関して心配な血栓症についてご説明いたします。

血栓症とは

まず血栓症の血栓ですが、何らかの要因や原因で血管内部に血液が固まってできた塊のことを指します。この血栓ができてしまうと血液の流れが悪くなり最悪、肺や心臓、脳などに血栓が流れてしまい酸素や栄養が送らなくなって肺閉塞、脳梗塞、心筋梗塞などの原因になってしまうのです。

血栓症の症状

ピルの服用によって起こる血栓症の症状の場合足にそれらが出ることが多くなっています。実は血栓のほとんどは太ももの付け根から足のつま先にある静脈にできます。そのため足に症状が出やすいのすが、足にできた血栓が実は血管内を通って体の上半身にまで達してしまい重症な症状へとなってしまうのです。

よく長時間座ったままでいることでエコノミー症候群になると言いますが、ずっと座ったままでいることで足の血流が悪くなりけっせっができてしまったことによって急に歩き出した時にこの血栓が肺に到達してしまい急性肺血栓塞栓症になってしまうのです。急に呼吸困難やショック状態へとなってしまう事で最悪命を落としてしまう事もあります。

そのため足のむくみがひどい場合や、足が痛くなる、などの症状が表れた時は要注意となっています。血栓症は一見恐ろしい病気のようですが誰にでも起こり得る病気で、早期発見することでリスクを未然に防ぐことができます。

なぜピルを飲むと血栓症になりやすいのか?

なぜピルを飲むと血栓症になりやすいの?

ではなぜアフターピルや低用量ピルを服用すると血栓症になりやすくなるのか?それはピルは人工的な女性ホルモンを摂取することで疑似の妊娠状態に女性の体を変化させてくれます。そのため避妊効果やその他の女性にメリットの高い効果を得ることができます。

この人工的なホルモンに卵胞ホルモンが含まれているのですが、元々女性の体にも卵胞ホルモンがあります。そしてこの卵胞ホルモンの作用に血液を固めやすくなるという働きがあるのです。

元々体の中にある卵胞ホルモンプラスピルの服用でさらに卵胞ホルモンが増加するためいつもより多い状態へとなるのです。女性は冷え性の人が多く血行の流れが悪くなりやすいため、ピルの服用によって血栓症になりやすい状況へとなってしまうのです。

ピルの服用ができない人

アフターピル、低用量ピル両方とも共通して血栓症のリスクが高まるため服用できない人がいます。

高年齢(40歳以上)
心筋梗塞、血栓症の既往歴があり
35歳以上でタバコを1日に15本以上吸う女性
生活習慣病(糖尿病 、肥満症、高血圧)
その他にも妊娠中、授乳中、腎臓病、心臓病、肝臓病、乳がん、子宮がん
これらに当てはまる場合、血栓症、もしくは他の副作用の確率が高くなってしまうためピル全般的に服用はできない事になっています。詳しく知りたい場合は医師に相談しましょう。

アフターピル

アフターピル

アフターピルは性行為後に服用することで避妊効果を得ることができる緊急避妊薬です。その効果を得るためにはタイムリミットがありほとんどの場合72時間以内に服用しなければ避妊の効果を得ることができません。

そして早い服用ができればできるほど避妊の確率が上がっていき、12時間以内に服用することができれば95%の確率で避妊することができます。逆に時間がたてばたつほどその確率は下がっていきますので、72時間以内と言われていますがなるべく早く服用する必要があります。

アフターピルは低用量ピルと異なり避妊のみの目的で服用するための避妊薬です。生理不順やニキビ予防などには向いていませんので注意しましょう。

アフターピルは日本でここ最近ノルレボ錠が承認され病院でも処方されるようになりました。しかし1錠15000円前後とかなり高額なためその使用に関して躊躇してしまう方もいらっしゃいます。

今アフターピルを薬局販売するかしないかで問題になっていますが、当分は先送りになりそうです。アメリカやヨーロッパでは市販薬として販売されているのですが、日本では欧米より性教育が進んでいない為という理由で市販化が退けられたのです。

アフターピルは通販で買える

アフターピルは病院で医師の処方がないと購入できませんが、通販でも購入することができます。病院で処方されているものと全く同じものを海外から個人輸入することができるのです。しかもジェネリックも販売されており1錠1000円程で購入できるため大変陰気となっています。

もちろん違法ではなく個人で使用する場合に限り申請なしに購入することができるのです。アフターピルを通販で購入する場合に注意が必要なのが、海外からの購入なので注文してから手元に届くまで時間がかかるという事です。

アフターピルは緊急避妊薬ですので、最長でも72時間以内に服用しなければいけません。しかし手元に届くのを待っていたら間に合いませんのでその場合は病院へ行きましょう。

アフターピルを通販で買う場合はあらかじめ何かあった時の為のお守りとして持っておくと大変心強い味方となってくれます。

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルは毎日正確に服用することで妊娠するのが難しいというほどの避妊効果を得ることができその避妊確率は99%になります。避妊効果だけでなく、ニキビ予防、治療や、生理不順の改善、生理痛の改善、PMS(生理前症候群)の改善、予防などなど女性にとってかなりメリット性の高いピルとなっています。

安全性も非常に高く妊娠を望んでいない女性にとって必須アイテムとなろうとしています。低用量ピルも処方箋薬で病院で処方してもらうことができます。低用量ピルは避妊目的の為やはり保険が適用されません。病院へ頻繁に通わなければいけないため、中々足が向かないというひともいますが避妊目的であれば低用量ピルが一番と言えるでしょう。

低用量ピルは通販で買える

低用量ピルも実は個人輸入で通販することができます。日本で処方されているものと同じものを海外から個人輸入することができるのです。病院へ通うのがめんどくさいという人や、周りの人に知られたくない、金銭面での問題などいろいろありますが、低用量ピルを通販で購入している人はたくさんいるのです。

しかし低用量ピルは安全性は高いのですが血栓症などのリスクもあるため、通販での購入の場合には自分の体の状況などを知っておく必要があり、必ず服用方法、服用量などを間違えずに使用しましょう。

血栓症の予防

ピルの服用に関して血栓症の注意は不可欠ですがそれほど心配することもありません。アフターピル、低用量ピルとも安全性が高く多くの人が問題なく使用できています。

ピルの服用によって血栓症になりやすい人のリスクが少し高まるので、血栓症に関しては予防が重要となるのです。ピルを服用する場合の血栓症の予防方法をご紹介していきます。

ピルと一緒にオススメのサプリメント

ピルと一緒に服用することで血栓症のリスクを軽減することが可能なサプリメントをご紹介いたします。

南極クリルビタミン

南極クリルビタミン

南極クリルビタミンは南極の「南極オキアミ」(甲殻類)からクリオオイルを抽出しそれを元に製造されたサプリメントです。このクリアオイルには不飽和脂肪酸(DHA、EPA)が豊富に含まれており、血管の健康をサポートしてくれ、血液をサラサラの状態へと保つ効果が得ることができ、結果血栓症の予防に繋がります。

血栓症の予防はもちろんダイエットにも適していると人気が高くなっているのです。南極クリルビタミンはクリルオイルの他にも8種類のビタミンが含まれており美容にも健康にもピッタリなサプリメントです。

アフターピルや、低用量ピルの服用と一緒に併用することで血栓症の予防に繋がるため一緒の購入が人気となっています。

クリルオイル

クリルオイル

クリルオイルは南極クリルビタミン同様、クリルオイルを含んだサプリメントになります。クリルオイルの他DHA55mg、EPA120mg、アスタキサンチン100mg等が含まれていてピルとの併用はもちろん、更年期障害、ダイエットなどと一緒に服用することで健康的な体へと保つことができます。クリルオイルは今注目の成分で通販でも人気の高いサプリメントの一つとなっています。

生活習慣での血栓症の予防

血栓症はサプリメントの他日常生活においても予防することができます。

アフターピルや低用量ピルを服用する女性であれば少し意識するだけでも血栓症のリスクは下げることができます。簡単にできるものもありますので一度チェックしてみましょう。

運動での予防

運動での予防

運動をすることによって血行の流れを良くし血糖値や血圧値を下げることに繋がります。さらに体を動かすことによってストレス解消にもなるため心身的にもストレス解消に繋がるのです。

もちろん激しい運動ではなくウォーキングなどの軽い運動でもやるのとやらないのでは大きく違いますし足の筋肉をつけることによって足のむくみを改善することができます。

足がむくみやすい人は足のふくらはぎの筋肉が少ない事が多く、ふくらはぎの筋肉は血行の流れを良くするためのポンプ的役割でもあるためむくみ改善のためには足の筋肉をつけることも重要です。

急にマラソンなどをすると怪我をしやすいためさいしょは1日20分程度のウォーキングから始めましょう。一日の時間が取れないなどの場合は駅まで歩く、エレベーター、エスカレーターを使わず階段を使うなど工夫することもできます。

食事での予防

食事での予防

血栓症の予防には食事も重要なポイントとなります。脂分多い食事や塩分の多い食事ばかりとっていると血液の流れが悪くなってしまい血管内がドロドロになってしまいます。

しかし低カロリーな食事ばかりとれば健康的になれるというものではなく必要な栄養素をとることも重要です。野菜を多くとる事も忘れずさらに大豆からできている食品を選ぶことで血栓を溶かす作用などを食品から得ることができます。玉ねぎも血行の流れを良くすることで有名ですので心がけてみましょう。

脂質や糖質などは体重を増やしてしまい体重が重い人ほど血栓症のリスクも上がってしまいます。しかし全くとらないと逆に健康的ではありませんので適度な摂取は必要となっています。

水分をとろう

水分量が少ないと血栓症になりやすくなります。なるべく水やお湯などの水分を多くとるように心がけましょう。

禁煙

35歳以上でタバコを1日15本以上吸う人はアフターピル、低用量ピル共にを服用することはできません。

しかし1日15本以下なら大丈夫なのか?35歳以下であればたくさん吸っていてもいいのか?というわけではなく、基本的に喫煙者はピルの服用はお勧めされていません。

元々喫煙者は血栓症になりやすいためさらにピルを服用することによって血栓症のリスクが通常時よりかなり上がってしまいます。そのためタバコを吸っている人にはピルの服用に関して注意が必要なのです。低用量ピルの服用を続ける場合は禁煙することで血栓症のリスクは下げることができるでしょう。

血圧の管理

血圧は自分で管理することができます。高血圧になる事でむくみやすく血栓症になりやすいため元々血圧が高い人などは塩分を控えめにそして家で測れる血圧計はたくさんありますので自分の血圧を把握しておきましょう。

入浴

入浴している女性

入浴せずにシャワーばかりだと体のむくみや疲れが取れにくくなります。入浴はむくみをとるのに良いと言われているのですが実は熱いお湯に急に入ると血栓症になり脳梗塞などになってしまう場合もあるのです。

よくご高齢の人が寒い冬にお風呂に入ってそのまま倒れてお亡くなりになってしまったという事が多くありますが、熱いお湯に入ることで血栓ができやすくなってしまうのです。

熱いお湯とは42度以上のことを指しており血栓症を予防するためにも38度~40度くらいのお湯が最適と考えられています。入浴して汗をたくさん書いた時は水分補給をしっかりしましょう。

マッサージ

ふくらはぎに血栓ができやすいため足のマッサージなどを行う事で血栓を予防することができます。足首から体の上の方に向かって血行を流す感じでマッサージしていきましょう。日課にすることで血栓の予防に繋がります。

着圧ソックス

マッサージする時間がない人や面倒くさいという人には着圧ソックス、弾性ソックスの着用がお勧めです。有名な製品ですとメディキュットなどがあり種類もたくさん出ています。履くだけで足のむくみを改善させることができるのでとても便利となっています。医療用の弾圧ソックスなどもありますのでむくみがひどい人などは医療用の弾圧ソックスがお勧めです。

まとめ

ピルと血栓症についていかがでしたでしょうか?アフターピルは避妊目的で1回使用しますが、低用量ピルは避妊目的以外にも生理不順、生理痛緩和、PMS治療、ニキビ治療、女性特有の疾患予防などで継続して使用する場合がほとんどです。

副作用も重症なものは殆どなく非常に安全性の高いピルなのですが、血栓症に関して注意しなければいけない事もあります。低用量ピルの服用前に自分の健康状態を良く考え気になる場合はかならず相談しましょう。