アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。

もし避妊に失敗し妊娠してしまった時に出産を希望していなければ中絶するしか方法はありません。避妊の重要さを考える必要があります。

中絶の種類

中絶の種類 人口中絶手術には、2種類あります。
一つ目は、初期中絶手術です。
これは妊娠11週6日までに行う手術です。

二つ目は、中期中絶手術です。
これは12週0日を過ぎてから行う手術です。

初期中絶手術は、5分~10分の手術で済み、日帰りか1泊の入院で行うことが可能です。
ただし、出産したことがない人の場合は、子宮頸管をある程度広げるため、前処理が必要となります。

中期中絶手術は自然出産と同じように、胎児を産み落とす必要があります。
特殊な医薬品で出産を促します。
この場合は子宮頸管を事前にしっかりと広げなくてはいけないため、初期中絶よりも前処理に時間がかかります。
陣痛がこない場合、2~3日かかることもあります。
術後も子宮の戻り具合を確認しなくてはいけないため、4~5日の入院となることもあります。

中絶のメリット・デメリット

中絶のメリットは、望まない妊娠であった場合や出産したいのに、母親が病気や怪我などで出産が危険な場合などは、中絶できるのは大きなメリットとなります。
デメリットは、安全な手術であれば殆ど影響はありませんが、トラブルがあった場合、手術が原因で妊娠しにくくなってしまうことがあります。
術後に子宮内感染を起こし、子宮の壁同士がくっついてしまうアッシャーマン症候群となってしまうと、着床しにくくなってしまい、不妊症となってしまいます。
また、トラブルがないとしても、中絶手術を何度も繰り返すと子宮内膜が薄くなってしまいます。このことにより着床障害の原因となり、妊娠しにくくなってしまいます。
将来本当に出産したい時に、流産、早産、未熟児分娩になってしまう可能性が高くなってしまいます。
手術後は子宮からの感染症を起こす可能性もあるので、清潔にしておかなくてはいけません。

中絶の後遺症

中絶の後遺症 中絶の一番の後遺症は精神的なものとも言われています。
自己非難、うつ病、不眠、PTSDなどを発症することがあります。
中絶した月になると、精神的に不安定になったり、将来子供を持ってからも、育児障害、児童虐待などが高くなるという報告もあります。
また、PASと呼ばれる中絶後遺症候群と呼ばれるものもあります。
中絶後、発作、怒り、攻撃的行動、過剰警戒などの過剰反応や中絶した時の様子をフラッシュバックすることや夢をみるなどの侵害行為、中絶したことを思い出せない、子供を避けるなどの抑圧という症状もあります。