アフターピルの通販情報局 | 避妊薬のアフターピルは、妊娠を望まない方に有効な医薬品です。
TOP >ダイアン35

ダイアン35は通販で人気の高い低用量ピルで中でもニキビ治療、女性化、バストアップ効果に優れています。

ダイアン35について

ダイアン35

ダイアン35とは?

ダイアン35はアジア人に向けて開発された低用量ピルで大手製薬会社バイエル社から発売されています。ダイアン35はニキビ治療目的で開発され販売しているのですが、避妊にも効果があるため避妊薬としても使われています。

1相性、第3世代に分類されているのですが21錠すべて同じ量のホルモンが含まれており飲み間違いなどのミスが無く安心して使用する事ができます。ダイアン35は日本では実は未承認ですが、処方してくれる婦人科やレディースクリニックなどもあります。

さらにダイアン35の避妊以外のある効果を目的とし、女性化を望む男性がダイアン35を使用しているのです。

ダイアン35の効果

ダイアン35の効果

ダイアン35は一定量のホルモンを毎日摂取することでほぼ妊娠することは無い体へと変化させてくれます。排卵を起こさず、子宮内膜の増加を抑えることで排卵が起こったとしても着床を防いでくれるのです。さらに子宮頸管の粘液が粘着質が高くなることで精子を侵入させないようにもしてくれるので3重の厳重なる装備で妊娠をこれでもかと防いでくれるのです。何か一つ漏れたとしても他の部分でカバーすることができるので妊娠には至らないのです。

ダイアン35には妊娠を防ぐ以外にも、様々な効果があります。

ダイアン35でニキビ治療

ダイアン35は元々ニキビ治療薬として販売されている低用量ピルです。

有効成分はエチニルエストラジオール 酢酸シプロテロンの2種類で酢酸シプロテロンは他の低用量ピルには含まれていないのです。この酢酸シプロテロンがニキビ治療にかなり有効的となっているのです。

男性ホルモンを抑制させる効果があり皮脂分泌量などが減るためニキビを改善させることができ、女性ホルモンも安定させれるためストレスでニキビが出てしまうと言う可能性も少なくなってかなりくるのです。

低用量ピルにはトリキュラーマーベロンが国内では主流となっていますが、ダイアン35も人気が高く、病院で処方してもらう事もできます。

もし低用量ピルを飲んでいなくて避妊に失敗した場合はアフターピルであれば72時間以内に服用する事で避妊効果を得ることができます。アフターピルはあくまでも緊急避妊薬ですので普段の避妊方法はダイアン35などの低用量ピルがお勧めです。

アフターピルのアイピルの詳細はこちらから

ダイアン35のバストアップ効果

ダイアン35のバストアップ効果

ダイアン35をバストアップ効果で服用している人も実はいます。男性ホルモンが抑えられることで女性らしい体つきへとなりバストアップすることができたという人が多数いたからなのです。実際にバストアップ効果として処方はされていませんが、副効果としてバストアップ効果を得ることができたという事になります。

このバストアップ効果や男性ホルモン抑制効果を目的として、実は女性化を求めている男性がダイアン35を服用しているのです。ダイアン35に含まれているエチニルエストラジオールは卵胞ホルモンの中で最も女性化が強力と言われており、酢酸シプロテロンは男性ホルモンを抑制させるため女性化目的にはもってこいとなっているのです。男性がダイアン35を服用してバストアップしたという声が沢山あります。しかし病院でダイアン35を女性化目的で処方してほしいと言っても少々難しい話ですよね。

男性が婦人科やレディースクリニックに行くことさえ難しい話なのです。

さらにダイアン35は日本では未承認の為元々処方しているクリニック自体少なくなっており、女性でさえも入手しにくくなっているのです。そこで多くの人がダイアン35を通販で購入しているのです。

エチニルエストラジオールとは?

ダイアン35に含まれているエチニルエストラジオールですが女性ホルモン(エストロゲン)剤の一種になります。低用量ピルだけでなく、更年期障害の薬や、前立腺がんなどの治療にも使われています。

エチニルエストラジオール単体ではプロセキソール(あすか製薬)として前立腺がんの治療薬として活躍しています。その他にも男性ホルモンを抑制させる効果から、体を女性化したい男性や、女性を若々しく保つ効果などが期待できます。実際エチニルエストラジオールが含まれている育毛剤が多数販売されており女性、男性ともに若々しい髪の毛を保つ効果もあるのです。

酢酸シプロテロン

ダイアン35に含まれている酢酸シプロテロンですが、最も強力な抗男性ホルモン剤の一種です。摂取することで脳で黄体形成ホルモン(LH)、性腺刺激ホルモンの放出を抑制させ、男性ホルモンの生成を抑えさらに男性ホルモンが受容体に結びつくのも防いでくれます。酢酸シプロテンも単体でダイアン35と同じドイツの製薬会社バイエルからアンドロクール(抗男性ホルモン)という製品名で販売されています。

男性ホルモンであるテストステロンは男性性器の発達、体の男性化、精子の製造、性欲、勃起、前立腺の機能維持にとって必要なホルモンで実は男性特有の脱毛症(AGA)もこのテストステロンが関係しています。もちろん男性には必要なホルモンなのですがこのホルモンが多すぎると男性性欲が過剰になったりしてしまいます。アンドロクールを服用することで男性の性欲を抑えることができるので海外でSEX依存症などの治療にも使われています。

ダイアン35の副作用

ダイアン35の副作用

ダイアン35を服用する時に気になるのが副作用です。ダイアン35は第3世代の低用量ピルで、第3世代は血栓症になりやすいのでは?などの議論が多くされていました。ダイアン35は安全性の高いお薬で比較的副作用も高いのですが、タバコを吸う本数が多い人や、40歳以上、血液の流れが元々悪い人などは服用するにはかなり注意が必要なので、その場合は医師に相談してください。

その他の副作用として、不正出血、胸の張り、頭が痛くなる、吐き気が起こるなどがあります。一過性のものであれば気にしなくて良さそうですが、継続して起こる場合や重症な場合、気になる場合も医師に相談しましょう。

ダイアン35を飲み始めた1周期目は上記に記載したような妊娠初期と同じような症状が起こることがあります。体が妊娠している時と同じような状態になるためです。2周目には殆ど収まることが多くなっています。副作用を起こさない為にも決められた用量や用法で服用するようにして下さい。

ダイアン35と血栓症

ダイアン35と血栓症

ダイアン35は低用量ピルの中でももっともニキビ治療の効果が高い低用量ピルだと考えられています。そのため避妊目的よりもニキビ治療で服用している人の方が海外では多くなっています。

元々ニキビ地用で販売されているダイアン35ですので、当たり前と言えば当たり前なのですが自分の体の状態も知らずニキビ治療だと思って軽い気持ちで服用していると思わぬ副作用を起こす場合もあります。

副作用で記載した通りダイアン35には血栓症と言う副作用があります。ほとんどおこらない副作用なのでそこまで心配する必要もないのですが、中には重症化してしまう人もいます。

血栓症はタバコを吸う人や高年齢(35歳以上)の人の場合通常よりも発生してしまうリスクが高いため、ダイアン35を服用する場合は必ず医師と相談しなければいけません。通常低用量ピルであれば35歳以上、タバコを1日15本以上吸う人であれば服用することはできないのです。ダイアン35も同じ低用量ピルですので服用することはできないと考えられるでしょう。

血栓症とは

低用量ピルや、アフターピルの服用で注意しなければいけないのが血栓症ですが、血栓症とはどんな病気なのでしょうか?血栓症とは血管内に血が凝固されたもが形成され血栓となって血流が閉塞してしまう病気です。

通常血管内が傷害されてしまうと失血しない為に血が凝固するのですが、血管が傷害されていなくてもできることがあります。これが激しくなってしまうと遊離してしまい血栓となってしまうのです。

血栓症は急激に起こるものではないのですが気づかずに放置してしまうと最悪死に関わる病気へとなってしまいます。血栓症は早期発見し、治療することで血栓は消滅させることができます。血栓症は高年齢、肥満、喫煙者がなりやすいので心当たりがある場合は、ピルの服用に関して注意しなければいけません。

血栓症の症状

血栓症かも?と疑われる症状をご紹介しておきます。
・足のむくみ(とくにふくらはぎ)、痛み、赤くなっている、腫れている、お腹の激しい痛み、胸の激しい痛み、頭の激しい痛み、片頭痛、滑舌が悪くなるなどがあります。このまま重症化してしまうと失神したり、意識がもうろうとなったり、目が見えなくなったり危険な状態へとなります。

低用量ピルにおいて血栓症の死亡率は10万分1と言われておりほとんど死に至るまで重症化することはありませんが、もしこれらのような症状が表れた場合は早急に病院へ行きましょう。血栓症を防ぐためにも定期的な検診が必要となります。

ダイアン35の飲み方

ダイアン35の飲み方

ダイアン35は1相性の低用量ピルのですの21錠一定のホルモン量となっています。その為度の錠剤を服用しても同じ量のホルモンの為の見間違いなどがなく失敗することはありません。

毎日大体同じ時間に1錠ダイアン35を服用します。もし避妊効果目的で服用するのであれば、生理の始まったその日から服用を始めます。(Day1スタート)生理初日から飲み始めることができればその日から避妊効果を得ることができるのです。もちろんそのまま服用を21日間継続します。そして22日目~28日目まで薬を飲むのをお休み(休薬期間)し、29日目からまた新しいシートを飲み始めてください。

この服用方法であれば、服用初日から避妊効果があるので、すぐに避妊効果が欲しい場合はベストの服用方法となります。 もし他の日から服用を始める場合は7日間は避妊効果を得ることができませんので他の避妊方法を行いましょう。ニキビ治療やバストアップ効果を求めているのであれば生理にこだわらなくても大丈夫です。

デイワンスタート

ダイアン35を含めた低世量ピルの服用方法で最もベースとなる方法がデイワンスタートです。生理開始日にダイアン35を飲み始める方法なのですが、生理開始日に飲むことによってその日からダイアン35の避妊効果を得ることができます。

この服用方法であれば避妊に関して失敗することがほとんどなく避妊目的で服用する人であればデイワンスタートでの開始が一番おすすめです。

デイワンスタートで服用を始める場合、生理が始まってから24時間以上たってしまうとその日からの避妊効果を得ることができなくなってしまい、服用してから1週間はコンドームなど他の避妊方法をとらなくてはいけません。

そのためダイアン35で避妊効果をその日から得たい場合は自分の生理周期などを正しく理解しておくことが重要となります。もし生理初日に服用できなかった場合はデイワンスタートからクイックスタートへと切り替えるか次の生理を待ちましょう。

クイックスタート

もしデイワンスタート(生理初日に服用する方法)で始められなかった場合や避妊目的で服用する場合でないのであればクイックスタートがお勧めです。クイックスタートは生理開始から2日以降にいつでも開始することができます。

そのため生理開始日を気にしなくても、生理不順な方でも気軽にダイアン35の服用を始められます。デイワンスタートに比べて自由度が多いためその日からの避妊効果を求めていないのであればお勧めの方法です。

クイックスタートでダイアン35の服用を始めた場合、服用してから1週間は効果がなく避妊することができませんのでこの期間中はなるべく性行為を控えるか他の避妊方法をとりましょう。

クイックスタートは自由度の高い服用方法ですが、生理が始まってから2日~7日以内に服用をスタートさせなければいけません。もし生理開始から8日めにダイアン35の服用を始めた場合、その生理周期ではダイアン35の避妊効果を得ることはできませんので注意しておきましょう。この場合であれば次の生理を待つ方が良いと考えられます。

サンデースタート

サンデースタートは生理が始まった週の日曜日にダイアン35の服用をスタートさせる服用方法です。サンデースタートであれば週末に生理が被ることがなくなるので、しゅうまうに大事な予定が多い人向けの服用方法となります。生理周期を正しくするだけでなく、大事な予定と生理をずらせることができるので避妊目的プラス週末の予定を組みやすくなります。

例えば旅行前に調整したり、スポーツ選手などのアスリートなどは大事な大会と生理が被らせないようにするためにダイアン35を含めた低用量ピルを服用する人が多くなっています。

ななぜサンデースタートだと生理が週末に被らないのか?それはダイアン35服用している間は生理が起きるための卵胞ホルモンの活動を抑えるため服用中は生理がおきません。そして1周期で服用するダイアン35の服用数は21錠と決まっている為、日曜日に服用を始めた場合、必然的に生理が来るのが平日になるのです。この周期を維持することで生理が起きるのが平日のみとなります。

サンデースタートで服用を始めた場合注意しなければいけないのがやはり服用を始めてから1週間は避妊効果を得ることができないということです。服用してから1週間は性行為を控えるのが一番ですがもし行う場合はコンドームなどを着用しましょう。

ダイアン35の購入(通販)方法

ダイアン35の購入方法

ダイアン35は日本では未承認薬となっています。婦人科や女性クリニックによっては処方してくれるところもありますが、海外から個人輸入することもできます。通販サイトを利用することで簡単にダイアン35を手に入れることができ、さらに病院で購入するよりも安価な値段で購入することができるのです。

ダイアン35は海外では主流の低用量ピルで人気が高く多くの人が利用しています。そんなダイアン35を日本にいながらましてや自宅にいながら手に入れることができるので大変便利な購入方法ですよね。

しかしダイアン35を通販で購入する場合に注意が必要なのが、ダイアン35を服用することができないという人もいるという事です。年齢、タバコを吸っている、血栓症、他のピルを飲んでいるなどダイアン35を服用することができない人も実はいます。病院で処方してもらう場合検査などを行いますが通販で購入する場合はすべて自己判断となってしまうので、自分の体を良く知った上でそれでダイアン35の購入が可能かどうか考えてみましょう。

男性が必要とするダイアン35

男性が必要とするダイアン35

バストアップ効果の説明で女性化を求めている男性がダイアン35を服用していると説明しましたが。実は海外ではかなり一般的に男性が愛用しているようです。

しかし元々は女性用のホルモン剤ですので、男性が服用すると男性の生殖器に関して元の状態に戻れない可能性が出てくるのです。女性になりたいからダイアン35を飲み続けるのであれば男性に戻るという事をあきらめなければいけません。もちろん最初からそのつもりはないのでしょうが、もし戻りたいと思ってもその点は難しいという事を覚えておきましょう。

女性化を目的としてダイアン35を服用している人に話を聞いたところ女性ホルモン剤の中では断トツでダイアン35が効果があったそうです。さらにニキビも無くなり肌がパンと始めるようなツヤ肌になったとか。ダイアン35は安全性も高くさらに通販で購入できるので人気が高くなっているのだと思われます。しかし薬は薬、何か異変を感じたら必ず病院で診てもらいましょう。

ダイアン35の体験談

ダイアン35の体験談

私は34歳の主婦です。
子供を3人出産し、もうこれ以上妊娠は十分という判断でダイアン35の使用を決意しました。
コンドームでなくピルを選択した理由としては、3人目を妊娠した時に、コンドームで避妊をしていたのにもかかわらず妊娠してしまったという経緯があったからです。
どうしてもコンドームは射精直前に着けてしまいますので、避妊の確立が低くなってしまうようなのです。そんな時に見つけたのがダイアン35でした。
他にもいろいろとピルが発売されている中でダイアン35を選んだのは、このピルがアジア人用に開発された低用量ピルで、安心感があったという事が大きな理由です。
どう考えても欧米の人に比べて体格の小さい日本人が、同じ容量で大丈夫なのかという不安があったのですが、すべて払拭してくれました。
また男性ホルモンを抑える効果が高く、バストアップやアンチエイジングなどにも効果があるという事も魅力の一つでした。
個人輸入を利用して購入したのですが、パッケージも錠剤もかわいらしいピンク色で、服用時に嫌悪感を感じることなく飲むことができました。
また21粒ずつのシートでわかりやすくなっているので、飲み忘れや飲み間違いなどもありません。
服用して半年が経ちますが、ほぼ100%の確率で避妊ができるという事があって、以前よりも性行為の回数が増えました。
中で射精してもいいという事もあり、夫も大満足して性行為に励んでくれます。
ダイアン35のおかげで新婚時代に戻ったような気さえします。
ところでもう一つ私が期待していた、男性ホルモンの抑制効果ですが、想像以上にすごい効果がありました。
私は昔からわき毛やすね毛などが濃くて、人に見せるのが恥ずかしいという思いから、常に体を覆い隠すようなファッションをしていました。
ところがこのピルを飲み始めてからは、どんどん体毛が薄くなり、人前に出しても恥ずかしくないと思えるほどにまでなったのです。
今年の夏は人生で初めてといっても過言ではないくらい、露出度の高い服でオシャレを楽しむことができました。
さらにバストもワンサイズアップして、より魅力的な体に生まれ変わった気がします。心配していた副作用などの症状も全くなく、以前より快適に生活できているほどです。
これほどまで効果があるとは思ってなかったので、驚く半面嬉しくて仕方がありません。これからもダイアン35を愛飲して、健全な性行為と自信にあふれた生活を送っていきたいと思います。